contact

About contact

This author has not yet filled in any details.
So far contact has created 22 blog entries.

国内投資信託よりもオフショア積立投資を選んだご相談者事例

2018-07-10T09:39:55+00:00

お客様事例 M・M様 20代 会社員 長野県   資産運用を始めようと思い投資信託やiDeco、生命保険、株式投資など、一通り検討しました。 投資はリスクを伴いますが、かといって貯蓄型の生命保険では20年積み立ててもほとんど増えません。 株式投資は素人にはリスクが高すぎますし、投資信託やiDecoはリターンが年3%程度しか見込めない。。 ネットで調べていくと、海外のオフショアファンドなら複利運用、運用中は非課税、世界のファインドに月々2万円程度から長期投資できると知り、海外投資セミナーに参加したりもしました。  しかし、セミナーで「毎月4万円を25年間積み立てれば複利の効果で1億も夢じゃない!」と紹介され、そんな上手い話しがあるのか?と興味よりも不信感の方が大きくなってしまいました。 オフショア投資は国内の投資商品よりもメリットが高いのは分かっていましたが、リスクの説明が何もされないまま、良い部分だけ伝えるていることに疑問を持ちました。 オフショア投資なのですから、為替リスクや世界同時株安などのリスクは伴います。その上で、投資するか判断するのが個人の自由だと思っていました。 私はそのような仲介業者にしか出会えず、国内の投資信託の方が或る意味安全なのでは?と思いはじめていましたが、やはり「為替手数料など考慮しても複利効果が得られる海外投資の方が魅力的」だと感じ、さらに色々調べていると海外投資協会のHPを見つけました。 個別のプライベートセミナーを行っていたので、思い切って申し込んでみました。海外投資協会さんのメールや電話応が以前のような業者ではないと感じ、私の住んでいる長野まで出張個別面談をお願いしました。 海外積立投資については、メリットとデメリットを両方納得のいく説明を頂け、その上で香港の認定IFAをご紹介いただくことができました。今後、順調に運用できるようであれば追加投資も検討したいと思います。 また、担当の野村さんが元々と国内生保代理店出身ということもあり、いま加入している国内生保についても同時に見直し等アドバイス頂き、一石二鳥でした。国内外の生保や投資の知見があり、中立な立場でアドバイスしてもらえたので納得のいく説明をしていただきとても有意義な面談となりました。また、今後もライフスタイルが変わった時など相談したいと思います。   紹介IFA経由での積立投資内容 投資会社:I社 投資種類:積立投資 投資内容:200USD×25年間  

国内投資信託よりもオフショア積立投資を選んだご相談者事例2018-07-10T09:39:55+00:00

元本確保型20年で2倍の運用を目指す一括投資事例 M・A様 30代芦屋在住 会社経営者 

2018-07-10T09:40:39+00:00

お客様事例 M・A様 30代芦屋在住 会社経営者 Webマーケティング事業を経営されているM・A様は、仕事柄ネットでの情報収集力が高く当協会のIFA紹介サービスをご利用になりました。 経営者の方は、老後の年金や退職金を生命保険を活用して準備する方が多いですが、 日本の商品はゼロ金利政策の影響で、利回りの良い商品は販売停止になっており魅力的な商品がないため、 海外の金融商品に目を向けられたそうです。 また老後資金のため、高いリスクを取ってまで資産運用したくはないという御もっともなお考えでした。 その他にも、海外のIFAを通して海外の保険会社と契約するということで様々な不安や質問をご相談頂きました。 ・英語がまったく話せないけどホント大丈夫? ・満期時に引き出すときはどうしたらいいの? ・万が一途中で払えなくなった場合や亡くなってしまった場合はどうなるの? すべての疑問を払拭できたということで、今手元にある資金200万円を長期で運用できる商品を契約されました。 一括資産運用 220万円 20年間 一括投資は元本確保型で低リスクで運用することができることから投資される方が増えています。 20年間寝かせておくだけて、元本を約2倍にすることができます。 お客様の声 海外投資について初心者の私の疑問に対して丁寧かつスピーディーに対応していただき、お陰様で海外投資を開始することができました。今後、順調に運用できるようであれば追加投資も検討したいと思います。  

元本確保型20年で2倍の運用を目指す一括投資事例 M・A様 30代芦屋在住 会社経営者 2018-07-10T09:40:39+00:00

海外積立投資での中長期の分散投資を始めた事例 40代大阪在住 会社経営

2018-07-10T09:41:16+00:00

お客様事例 F・A様 40代大阪在住 会社経営 大阪で飲食店向けの資金調達事業を経営している経営者の方の事例をご紹介させていただきます。 これまで株式投資として、個別銘柄数社に200万円投資していたそうですが、中長期の資産形成を考えたときに、国内だでなく海外に分散投資してリスクヘッジできないかと考え、ネットで海外投資についてお調べになり、海外には運用利回りでも手数料面でも魅力的な金融商品があることを知り、「海外投資協会」にメールでIFAのご紹介依頼を頂きました。私どもが認定する香港のIFA「A社」をご紹介させていただき、以下の内容で海外積立投資を始められました。 海外積立投資 85,000円/月 20年 積立投資は、中長期で無理なくコツコツ資産運用していきたいというF・A様のニーズに合っており、日本からも申し込めますので、事業が忙しい方でも書類のメール添付で簡単に始めることができます。 また複数のファンドを組み合わせたポートフォリオの組成や運用は、IFAが行いますので、特に何もする必要がありません。積立状況や運用成績は専用のネット管理画面から直接確認することもできますので安心です。 お客様の声 海外投資協会さんは、私のニーズをヒアリングしていただき香港の優良なIFAを紹介してもらえただけでなく、契約後もIFAとの間に入ってサポートしてもらえるので大変助かっています。  

海外積立投資での中長期の分散投資を始めた事例 40代大阪在住 会社経営2018-07-10T09:41:16+00:00

海外積立投資(オフショア投資)詐欺/被害事例

2016-12-24T02:47:59+00:00

海外積立投資は日本の生命保険商品や投資信託にはない、高い利回りが最大のメリットです。20年~25年間の長期投資を複利運用で世界のファンドに直接投資をすることで、元本を2~3倍に増やせる可能性があります。しかも運用期間中は非課税となります。 しかし、日本ではネットワークビジネスメンバーや一部のFP(保険代理店)などが手数料欲しさに、積立投資の本来の意味や特徴、リスクなどの説明をきちんと行わないことで、被害者が発生している現状があります。 どんなに良い商品でも目的や使い方が間違ってしまっては、意味がありません。 ここでは当協会に相談があった事例や巷で横行する事例を参考として、上げさせていただき紹介者を見極められる材料にしていただければと考えています。   事例1:はじめの2年間だけ契約を勧める 積立投資では「初期口座期間」として約2年間は解約できないようになっています。 紹介者が貰える紹介手数料は、契約額(積立額×契約期間)が原資になるため、なるべく大きな金額で契約することを勧めるのです。しかし、積立額が大きいと20年25年も積立が続かないため、初期口座期間の2年だけムリしてでも積立て、その後は積立を停止するようにアドバイスします。 契約者のメリットは、積立額に応じてボーナスリターンが貰えるため、2年だけ頑張って積み立てようとなるわけです。 ボーナスが貰えるなら2年間の積み立てで何の問題があるの?と思われたかもしれませんが、2点問題があります。 1点目は、各積立商品は開始から10年間は口座手数料が高く設定されているためです。そのため、2年で積立を停止してしまうと、手数料よりもリターンが大きくないとマイナスになってしまいます。 2点目は、積立投資の特徴は「複利運用×ドルコスト平均法」です。 長期間、相場の良し悪しに関わらず一定額を積み立て複利運用することで、着実に資産を増やすことができる投資方法なのですが、2年間で辞めてしまってはこの積立投資を行う意味がありません。 実際に目先の2年だけ積み立てればいいや。という考えで始めた方の多くが運用状況が悪いと途中で辞めてしまうようです。 当協会では、積立投資は、無理のない積立額で20年ないし30年間継続することを前提に契約することをお勧めします。   事例2:月500ドル以上でないと契約できない 実際には200ドルから契約することができます。 500ドル以上というのは、少しでも紹介手数料を多く得たいという売り手側の都合となります。 もし、500ドル以上積み立てられるのであれば、ライフプランに合わせて、複数の商品(元本確保型と変額運用型)に200ドル×15年+300ドル×20年など、資金を分けて契約する方法がライフイベントに応じた資産運用ができるのでお勧めす。   事例3:投資金の振込先 詐欺 これは一括投資の資金を紹介者名義の銀行口座に振り込まされる事例です。 契約途中で投資額の一部を引き落とそうとしたところ、紹介者と連絡が付かなくなり、また、担当するIFAからは契約が存在しないという結果になってしまったそうです。 つまり紹介者が契約書をIFAに渡しておらず、投資資金を着服していたということです。 投資資金は、保険会社の口座に直接振り込む以外はありません。海外投資に限らず投資資金を投資先の口座以外(紹介者やIFA)の口座に振り込むよう言われた際には、その時点で投資を辞めてください。100%に近い確率でトラブルになります。 また、積立投資の場合は、通常クレジットカードで自動引き落としを行いますので、こういったトラブルはありません。 もし、知人から投資話がり、疑問や不安がある場合は、当協会にご相談ください。投資詐欺相談を受け付けております。  

海外積立投資(オフショア投資)詐欺/被害事例2016-12-24T02:47:59+00:00

海外投資協会の評判について

2017-02-17T15:32:45+00:00

海外投資協会は2017年1月で、4年目を迎えます。 海外投資を始めたい方とIFAとの橋渡し役として、延べ300組以上の方にご利用いただいてきましたが、キーワード「海外投資」での検索エンジン順位も1位(2016年12月22日現在)となり、ここに来て言われもない誹謗中傷を行う業者/個人の運営サイトが出てきました。 「海外投資協会に相談したら騙されそうになった」「意図しない商品を勧められそうになった」「悪い噂しか聞かない」「サポートがずさん」など、事実無根な誹謗中傷です。 当協会ではサービス開始から今までクレームは1件も受けておりません。 このような他者を批判するサイトのひとつは、他社を批判し自分を正当化しているようですが、実際には業界では評判の良くない投資助言会社が裏にいることが分かりました。 私どもも含め海外投資の情報は、何が本当か実際のところ分からないと思います。しかし当協会においては、実際にご相談いただき対応を受けていただければ安心して頂けると思います。また、当協会以外もご自身でご確認頂く事をお勧めいたします。  

海外投資協会の評判について2017-02-17T15:32:45+00:00

世界の富裕層の信頼と確固たるブランドのプライベートバンクとステータス

2016-11-21T00:23:40+00:00

プライベートバンクは、富裕層向け金融サービスとしてスイス系が有名です。元々は、無限責任制で個人出資によって運営される銀行という位置づけでした。世界の富裕層の信頼を得られ、確固たるブランドを高めた、口座を持つことがステータスとなった理由は、主に次の7つが上げられます。 ☑ 政治(永世中立国)、通貨(スイスフラン通貨の強い位置)の安定性 ☑ 守秘義務に関する重要性の認識と機密保持レベルの高さ ☑ 行員の業務レベルや教育レベルの高さ ☑ 監督庁(日本での金融庁)の金融機関に対する強くかつ厳格な姿勢 ☑ 過度のリスクを取らない ☑ 顧客に無理に商品を勧めるということがない ☑ 金融以外のサービス提供(事業承継や相続対策サービスなど) 現在は、富裕層向け金融サービスを行う金融機関やサービスをプライベートバンクと言っています。   スイスの政治システム安定の魅力 スイスの金融機関が、富裕層の投資先として世界中から富をひきつけている理由のひとつに政治システムにあります。例えば、政府が消費税や相続税を引き上げや法人税を減税などを行おうとした場合、国民の直接投票の審議を得なければ通らないシステムを取っています。そのため、永世中立国として戦争や国際紛争にも参加することもありません。 つまり政治の世界において、自己の既得権や個人の利益のために動くことができないシステムとなっていて、それが長年に渡り政治と国の安定となっているのです。また、事業家の方で「いつかはプライベートバンクを!」と考えている方も多いのではないでしょうか。   相続対策や事業継承などのサービスも提供 金融関連サービスだけでなく、法人オーナーの事業承継サービスや相続対策(節税対策)など、付加的なサービスも提供しています。また、プライベートバンカーによっては、顧客のビジネスサポートや人脈のマッチングなどをサポートするケースもあります。 その他、顧客のあらゆるサポートも行います。 ☑ 海外留学や進路相談 ☑ 手に入りづらい高級品の手配 ☑ 家族間の揉め事の調停など   口座開設方法 プライベートバンクの最低預け入れ額は5,000万円ですが、投資という観点では1億円以上ないと口座を開く意味は薄いため、「海外投資総合管理口座」の方が使い勝手が高いのではないでしょうか。 プライベートバンクで口座を開くには、担当者による面談による審査が必ずありますが、日本に担当がいるプライベートバンクでは、スイスに渡航しなくても日本で口座開設の手続きができます。 ステータスをご希望であれば当協会提携の投資助言会社経由で、スイスのプライベートバンクをご紹介させて頂くことも可能です。

世界の富裕層の信頼と確固たるブランドのプライベートバンクとステータス2016-11-21T00:23:40+00:00

海外で金投資する3つのメリット

2016-11-26T02:35:55+00:00

金投資は昔から人気の投資手法ですが、日本よりも海外で金を購入する方がメリットがあります。 海外で資産を分散しておきたい方なら、香港での金投資がお勧めです。 香港での金投資の3つのメリット ☑ 消費税が不要 ☑ 購入した際、銀行の貸金庫に保管(日本以外の地で保有)するためリスク分散ができる ☑ 金貨を購入するため、プラスαのプレミアが付く可能性がある 金投資の特徴 1.金は実物資産(信用リスクがない) 株式や債券は、0円になってしまうリスクがありますが、金は価格が安定した「実物資産」のため、経済の不安定さに影響を受けることがありません。 各国の中央銀行が支払い準備金として金を保有していることから、世界中で金の価値は変わりません。また、世界中で「通貨」として通用するため、通貨との換金性も高いメリットがあります。 2.金は有事に強い 度々繰り返されるサブプライムローン問題やリーマン・ショック等の金融不安時には、株式、債券等は大幅に下落しますが、金は価値が上がる傾向にあります。これは、世界経済の信用不安が拡大すると、投資家はリスクを回避先として、価格の安定した金へお金が流れ込むためです。 3.金はインフレに強い インフレ時、通貨の価値は目減りしていきますが、金はインフレ時には着実に価格が上がるという特徴があります。インフレ時には、実物資産である金がインフレヘッジとして買われるためです。また、デフレ局面では、通貨の価値は上がりますが金の価値は下がります。 4、世界共通の通貨 金は、法的には通貨ではありませんが、各国の中央銀行は、万が一に供えて大量の金を保有しています。また金相場は長期的に見ると、米ドルが下落すると金価格は上昇し、米ドルが上昇すると金価格は下落します。ドル相場とドル建て金価格の相場関係は、米ドルの裏付けに金が使われていたという歴史的事実に由来するといわれています。 5.金価格の今後 現在の金価格は天井に近いのでは、という見解もありますが、1980年の金価格を現在の物価水準に修正すると1500ドル程度なので、現在の金価格はそれほど高い水準ではない、という見方もあります。

海外で金投資する3つのメリット2016-11-26T02:35:55+00:00

海外不動産投資手法の比較表

2016-11-26T02:18:52+00:00

海外不動産ファンドは、海外の優良不動産物件を複数購入し運用利回りを確保するとともに、売却時のキャピタルゲインも狙えます。 海外不動産投資ファンドの特徴 ☑ 不動産を直接購入するよりも、少ない資金で間接的に投資できます ☑ 投資家から集めた資金を優良不動産物件を複数購入するためリスク分散効果があります ☑ 物件の管理(管理会社への委託費)が不要 ☑ 不動産売買でないため所得税20%で済みます。 ※不動産に譲渡益が生じた場合、短期譲渡所得(保有期間5年以内)は39%課税 海外不動産投資手法の比較表 項目 海外不動産ファンド 海外REIT型投資信託 海外不動産物件購入 投資額 5万ドル以上 100ドル~ 10万ドル以上 投資期間 3年/5年 自由に売買可能 買い手がいれば 自由に売買可能 目標リターン 3~5% 3~10% 3~20% リスク ☆~☆☆☆ ☆~☆☆☆ ☆~☆☆☆☆☆ 購入手数料 1~1.5% 2%~3% なし 年間手数料 1% 1%~1.8% 完成後、借り手がない場合、 ローン返済負担発生 毎年の所得税 20.315% 20.315% 20.315% 毎年の確定申告 不要 必要 [...]

海外不動産投資手法の比較表2016-11-26T02:18:52+00:00

海外投資信託(ETF) ランキング 2016

2016-11-26T02:27:04+00:00

世界銘柄(約7000本)から小型株、大型株の投資信託(ETF)で直近1年間でランキングしました。 トップファンドの「PureFunds ISE Junior Silver ETF」は、200%のリターンを出しています。トップ10の平均リターンは、約67%となっています。 Rank ファンド名 タイプ 年初来 1年間 内容 1 PureFunds ISE Junior Silver ETF 小型株 266.42% 201.77% PureFunds ISEジュニアシルバースモールキャップマイナーズETFは、ISEジュニアシルバーインデックスの価格と利回りパフォーマンスに一般的に対応し、投資成果を提供することを目的とします。 2 VanEck Vectors Junior Gold Miners ETF 小型株 160.80% 125.56% ヴァンエック・ベクトル中小型金鉱株ETFは、マーケット・ベクトル中小型金鉱株インデックスの価格 および利回り実績と同等水準の投資成果を目指す。 3 Sprott Junior Gold Miners Exchange Traded Fund 小型株 142.39% [...]

海外投資信託(ETF) ランキング 20162016-11-26T02:27:04+00:00

5つのオフショア(海外)一括投資手法

2016-11-26T02:35:09+00:00

海外投資では、オフショア地域(租税回避地域)の税制上のメリットを生かした投資/資産運用が可能です。日本でも証券会社経由で海外ヘッジファンド等への投資は可能ですが、手数料や所得税が加算されるため、ヘッジファンド本来のリターンを得ることができません。また、日本から海外の購入できる金融商品も限定されるため、為替リスク等ありますが総合的に見て海外への直接投資が効率がよいと思われます。 海外一括投資手法の比較 当協会でアドバイスできるオフショア(海外)一括投資の手法は、次の5つです。一括投資は、「投資額」、「投資期間」、「目標リターン」と「リスクの許容範囲」によって、選択できる手法と活用方法がありますので、詳しくは当協会のご紹介する投資助言会社にご相談ください。

5つのオフショア(海外)一括投資手法2016-11-26T02:35:09+00:00