IFAについて

IFAとはIFA(Independent Financial Adviser)とは、「独立系ファイナンシャルアドバイザー」のことで、ファンド会社や銀行等金融機関に所属せずに、独立した立場で顧客の資産形成などのアドバイスや経済分析、商品分析行い、海外ファンドやヘッジファンドの販売を行う、いわば「金融のスペシャリスト」のことです。

アメリカでは、人生で成功するためには、「医師」「弁護士」「IFA」の3人のプロフェッショナルを味方につけることが必要であるといわれます。

香港IFAの特徴

例えば、香港は世界第3位の金融センターとして有名ですが、その地位を確保し続けるためには顧客と接するIFA(約200社)の質を高く保つ方針で運営されています。

日本では金融商品を制限して投資家保護を図りますが、香港では金融商品は制限せず、商品を販売するIFAを制限して投資家保護が図られています。

日本にも金融商品仲介業という意味でIFA業者がいますが、香港IFAと違い投資助言のみで、ポートフォリオの組成やファンドの運用などは行えませんので、香港IFAと比較すると業務範囲は限定的と言えます。

IFAと投資家が「WIN-WIN」の関係

海外投資方法
海外積立ファンドについては、直接メーカーである保険会社は顧客に直接販売をしていませんので、必ず保険会社の正規取引のあるIFAを通して購入する必要があります。
IFAは、日本の投資ファンド(投資信託)で例えれば「販売会社」にあたりますが、
「IFA」と「販売会社」では根本的にシステムやスタンスの違いがあります。

それはIFAと投資家が「WIN-WIN」の関係でなければ成り立たないということです。

「IFA」でも「販売会社」でも利益を上げるのは、投資家からの手数料に違いはありませんが、IFAの場合は投資家の資産を増やすことがIFAの利益になるシステムになっています。

具体的には、成功報酬として、時価増額や運用利益に対し数%が手数料収入となります。
つまり、投資家の利益が上がれば、IFAの利益も上がる「WIN-WIN」の関係となっているのです。

日本の販売会社(証券会社や銀行)は、販売手数料が主な利益となるため、投資家の収益にコミットすることはありません。
販売してそれで終わりとなりやすいため、損をしてしまう投資家が多く、損をさせてもまた別の新しい投資信託を勧めるような流れになってしまうのです。

購入後も継続した関係

IFAでは、投資家の利益に比例して手数料収入が増える仕組みになっています。
まずは投資家の資産が安全に増やすため、最適なポートフォリオ(投資ファンドの組み合わせ)を組み、専任のファンドマネージャーによる投資口座の継続したメンテナンスとして、ファンドの組換え(スイッチング)を行う仕組みになっています。

このように購入後も投資を続けている限り相互に関係を保ち続け、WIN-WINの関係が継続するシステムになっています。

このようにIFAを有効に活用し資産運用をしていければ、日本の金融機関では得られない満足度の高いサービスを受けることができます。

ではどのようなIFAが理想なのでしょうか?
次にIFAの選定ポイントについてご紹介します。

Pocket