投資会社

世界のトップファンドマネージャー報酬ランキング 2015

2016-12-03T04:01:46+09:00By |ヘッジファンド|

2015年にもっとも稼いだファンドマネージャーはなんと!17億ドル(約1800億円) 1、ケネス・グリフィン   17億ドル 2、ジェームズ・シモンズ  16.5億ドル 3、スティーブ・コーエン  15.5億ドル 4、デビッド・テッパー   12億ドル 5、デビッド・ショー    7億ドル 6、ジョン・オーバーデック/デビッド・シーゲル 6億ドル 8、イスラエル・イングランダー 5.5億ドル 9、レイモンド・ダリオ   5億ドル 10、ジョージ・ソロス    3億ドル 1.ケネス・グリフィン 17億ドル シタデル シタデルといえば、バーナンキ前米FRB議長がシニアアドバイザーに就任したことで有名なヘッジファンドだ。他の数多のヘッジファンドや投資会社からラブコールがあったバーナンキを最も惹きつけたのは、若き運用の天才、ケネス・グリフィン率いるシタデルであった。 2.ジェームス・シモンズ 16億5000万ドル ルネッサンス・テクノロジーズ 元数学者で、伝説のクオンツファンドであるルネッサンス・テクノロジーズ創業者のシモンズは、2010年に当社のファンド運用からはリタイアしているが、引き続き、自己の投資資金の増加で2位にランクイン。 3.スティーブ・コーエン 15億5000万ドル SACキャピタル・アドバイザーズ 2011年インサイダー取引の疑惑で全顧客に投資資金を返還して以来、自身と家族、従業員の資金のみの運用にとどまっているが、それ以降、2度目の好成績をおさめ、3位に輝いている。 4.デビッド・テッパー 12億ドル アパルーザ・マネジメント 元々ゴールドマン・サックスに勤めていたテッパーが有名になったのは、リーマン・ショックで大儲けしたことだ。ヘッジファンドの運用報酬ランキングでは、09年、12年、13年にトップになった彼が、2015年も好成績をおさめ、4位にランクインした。 5.デビッド・ショー  7億ドル D.E.ショー&カンパニー コンピュータープログラムの開発者であるデビッド・ショーは、多くの論文を書き、コンピューター技術の発展に大きく寄与した人物といわれ、世界的に有名なクオンツ・トレーディング会社のD.E.ショー&カンパニーを設立。 6.ジョン・オーバーデック/デビッド・シーゲル 6億ドル ツー・シグマ ツー・シグマは2015年10%を超える運用成績を上げ、6位に入る。 8.イスラエル・イングランダー 5億5000万ドル ミレニアム・マネジメント 昨年JPモルガン・チェースの世界商品事業共同責任者だったジョン・アンダーソン氏を商品事業担当世界責任者として招いたミレニアム・マネジメント。 9.レイモンド・ダリオ 5億ドル ブリッジウォーター・アソシエイツ グローバルなマクロ戦略を得意とするマルチストラテジーファンドのブリッジウォーターは世界最大のヘッジファンド。 10.ジョージ・ソロス 3億ドル ソロス・ファンド・マネジメント 言わずと知れた世界三大投資家のジョージ・ソロス。今年のはじめ、世界の金融市場に対しての警戒感を示唆したが、2015年も好パフォーマンスを見せた。 出典:Institutional Investor`s Alphamagazine 2016/05/10 ランキングトップ8人のうち6人がクオンツ系(コンピュータ運用)のファンドマネージャーだった。また上位25人の半数以上がシステムトレード運用者で占められ、今後は優れたプログラムやAI(資産運用専用の人工知能)を持ったファンドが今後、優良ヘッジファンドとして台頭してくるのは間違いないでしょう。

『30分で分かる経済の仕組み』 世界最大のヘッジファンド創業者レイ・ダリオ氏が制作

2019-04-18T02:30:29+09:00By |国際経済|

出典:zuuonline.com 世界最大級のヘッジファンド運用会社ブリッジウォーター・アソシエーツ(運用資産約1500億ドル:約15兆円)創業者のレイ・ダリオ氏が、経済のしくみを易しく説いた動画を日本語で制作し、ネットで公開を始めました。 なぜバブル経済が起こり、やがて破たんし、どうやって回復するのか? またなぜ、同じことが何度も繰り返されるのか? 投資をされる方であれば、腹に落ちるまで何度でも繰り返し見ることをお勧めします。 レイ・ダリオ氏とは 運用資産は約1500億ドル。米金融危機や欧州の債務問題を予見し、2011年は39億ドルの巨額報酬を得た、FRB など世界の中央銀行がもっとも注目する投資家でもある。 世界の株式・債権・為替などあらゆる資産に投資するグローバル・マクロ戦略を採用している。 世界最大級のヘッジファンド、ブリッジウォーターとは ブリッジウォーターのオフィスは、多くのヘッジファンドが本社を構える米コネチカット州にあり、森と小川に囲まれたオフィスで、「まるで山荘のようだ」と言わるほどです。ブリッジウォーターは世界最大級、あるいは世界一のヘッジファンドと評され、アルファマガジン社が発表した「2009Hedge Fund100」では世界1位の資産規模となりました。ウォーレンバフェット氏の言葉を借りるなら「最悪の1年」である2008年を乗り切り、資産を増額させての1位獲得です。また、英国の運用会社LCHインベストメンツが、2012年2月に発表した、世界のヘッジファンドの最新の利益ランキングでも1位を獲得しています。同調査は、各ファンドがそれぞれの設立時点から11年末までに稼いだ利益の実額を比較したものです。ブリッジウォーターのファンドは、11年末時点で運用資産総額が719億ドルと世界最大で、75年の設立後36年間の収益は358億ドルとなりました。   30分でわかる経済の仕組み「経済は機械のように動く」   1、経済を動かす3つの要素 2、「取引(transaction)」 3、取り引きは誰がするのか 4、「クレジット(credit)」 5、経済の「波」や「周期」はクレジットが引き起こす 6、クレジットが「波」や「周期」を引き起こすカラクリ 7、「クレジット」と「お金」の違い 8、クレジットが経済成長を生み出す 9、「インフレ」から「デフレ」、そして不景気へ 10、人の性(さが)がバブルを発生させる 11、人の性(さが)が恐慌をもたらす 12、デレバレッジへの処方箋 13、富の再分配 14、不況時・恐慌時の中央銀行の役割 15、不況時・恐慌時の中央政府の役割 16、「美しいデレバレッジ(a beautiful deleveraging)」 17、お金を印刷してクレジットの暴落を穴埋めする 18、結論 現状が理解でき将来も予想可能 19、歴史・経験から得られた3つの法則