商社勤務の30代会社員 海外転勤前に海外生命保険での長期資産運用(国内から郵送で契約)をはじめた事例

2019-05-01T00:18:49+09:00By |お客様事例, 会社員|

お客様事例 Y・T様 30代男性 兵庫県在住 商社勤務 今回は、兵庫県在住のご夫婦の事例です。 海外転勤の予定があることから、海外の生命保険での資産運用を行うため自ら香港へ渡航を計画していた際、合わせて当協会にIFAのご紹介依頼をいただきました。 結果、長期投資とリスク分散を行うため2つのプランを国内なら郵送でご契約されました。 現状の資産運用・投資状況 国内個別株、海外個別株 それぞれ数種類ほど ご相談者のコメント 私は会社員なのですが、2年~3年後に東南アジアに海外転勤となりそうなので、それまでに色々海外保険や投資をしたおきたいと思い、ネットで色々と情報収集していた際に香港の生命保険(F社とS社)に興味を持ちました。 しかしこれらの保険会社は香港に渡航しないと契約できないと思っており、香港行きの日程を組み、また並行して海外投資協会さんに香港のIFAをご紹介していただこうと思い問い合わせさせていただきました。 担当アドバイザーの野村さんから連絡があり、 「香港に行かなくても郵送で手続きできますよ!」と聞き、 また野村さん自身が毎月関西に出張でいらしているとのことで、 「香港行かなくてラッキー!」と思い、関西出張のタイミングで面談をお願いしました。 私の中では、月々500USD、払込5年間でS社、もしくはF社の生命保険を契約希望でしたが自分の選択がベストなのか? セカンドオピニオンとしてはどうか? 海外保険よりも海外積立投資はどうか? など色々相談しました。 都度、野村さんから的確なアドバイスを電話とメールでいただき、妻とも相談した結果 F社 USD5,000/年 2年払い S社 USD250/月 5年払い それぞれの認定IFAをご紹介いただき、郵送で契約しました。   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:F社 契約内容:一括投資プラン(海外生命保険) USD5,000× 2年払い 保険会社:S社 契約内容:終身保険プラン     USD250×5年払い   担当アドバイザーのコメント 短期投資は個別株等で運用しており、会社員として今後海外転勤の可能性があり、転職の予定はないということでしたので、30年後には約5倍の返戻率が見込める長期運用のプランと、現在はお子様がいらっしゃいませんが今後ご家族が増える可能性もあり、死亡保障と同時に20年で返戻率約200%の貯蓄性の取れるプランの2つに分散することをアドバイスさせていただきました。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。