Project Description

代表 野村の記事がInsurance Luvに掲載されました

お子様が産まれたら学資保険に加入する。日本人の多くは子どもの学費を準備する手法として、学資保険に加入することを1択にしていた方が多いのではないでしょうか。著者の私もかつてはそうでした。

16年前に某生保会社の学資保険に加入した際、満期時の返戻率は111%でした。今の返戻率である100%〜105%程度と比較して高かったのですが、実は海外積立投資(元本確保型プラン)と比較したら、なんと積立金額に雲泥の差があることに驚きました。

今回は、第2子が生まれるタイミングでお子様の学資金準備として、海外積立投資(元本確保型プラン)を開始した、30代の会社経営者であるE社長の相談実例をご紹介します。

なぜ日本の学資保険ではなく、海外投資を選ばれたのかの理由について解説していきます。

学資保険を検討されている方、学資保険として海外積立投資(元本確保型プラン)に興味がある方、これから海外積立投資(元本確保型プラン)を検討されている方は、ぜひ最後までお読みください。