Project Description

代表 野村の記事がInsurance Luvに掲載されました

「貯蓄と死亡保障が同時に用意できるよ」

そんな保険営業マンのセールストークで、「終身保険」に加入されている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、昨今の低金利の影響でその魅力はどんどん薄れてきています。

例えば、国内の某生命保険会社の終身保険に加入した場合は、30歳で20年間で死亡保険金を1,000万円のプランでは、毎月の保険料はなんと32,100円も支払う必要があります。これを20年間も支払い続けていたら、保険料の総額は770万円にものぼるのに、それに対しての死亡保険金は1,000万円しかもらえないので、要は20年間で支払った元金に「230万円」しか増えない結果になります。

一方、上記と同じ20年での払込でご契約3年目から死亡保障が年々上がっていき、20年で150%前後の返戻率が期待できる海外終身保険(死亡保障逓増型)があったらどうでしょう。

今回の記事では、海外終身保険(死亡保障逓増型)について詳しく書いていきます。終身保険の加入を検討されている方、終身保険の見直しを検討されている方は、ぜひ最後までお付き合いください。