非公開: 海外投資コラム

>非公開: 海外投資コラム>

20代男性 証券アナリスト 50代のセミリタイアに向け「海外終身保険」と「変額運用プラン」の海外積立投資を始めた事例

2019-07-19T22:35:02+09:002019年07年17日|Categories: 20代, お客様事例, 会社員|Tags: , |

お客様事例 Y・N様 20代男性 都内在住 証券アナリスト 今回は、以前ご相談頂いたM・A様からのご紹介で前職の部下だったY・N様の投資事例をご紹介します。 海外投資に興味があったものの信頼できる情報を得ることができず一歩を踏み出せずにいましたが、奥様の理解も得られ投資に踏み切られました。   ご相談者様のコメント 海外投資には以前から興味がありましたが、なかなか良い情報を提供して頂ける方に巡り会わなくてどうしようかと思っていました。 先輩のMさんに「海外積立投資や海外保険いいよ!」と言われ、職業柄ファンドや生株に関しては知識がありましたが、国内で投資できないし、外資系生保の営業マンから話は聞いたことはありましたが、返戻率など正直魅力を感じず・・・。 今は投資用マンションを数件ほど保有しておりますが証券アナリストという仕事柄、国内投資ができない以上、海外投資をする以外に選択肢がないため、今は25歳ですが将来の資産形成を考えた時に海外保険や海外投資は組み込みたいなと考えておりました。 最初、紹介者のMさんと担当の野村さんの3人でランチした際に海外積立投資と海外終身保険についての話をざっと聞きました。 その後、メールでやりとりしましたが海外終身保険の試算書を見ると日本の保険とは雲泥の差で非常に魅力的な印象を受け、妻にも教えたくて再度、野村さんに面談を依頼しました。 お休みの週末でも野村さんの対応は変わらず素晴らしくて、同席した妻からも 「とてもわかりやすくて良かった!海外ってなんだか怪しいイメージがあったけど、野村さんなら任せても平気そうだね」 といって理解を得ることできました。 最終的には「海外終身保険」と積立投資「変額運用プラン」に決め、認定IFAをご紹介いただき契約しました。   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:S社 海外終身保険 USD6,000/年 20年払い 保険会社:I社 積立投資 変額運用プラン  USD500×20年   担当アドバイザーのコメント Y・N様は証券アナリストですので、マーケットのことや投資のことは当然理解されているため投資に関する細かい部分はすぐにご理解いただきました。 また、当初は海外終身保険のみと考えていたそうですが(保険料に対する死亡保障の高さと長期での返戻率の高さ)、まだ資金的にも余力があるとのことで海外積立で長期運用で資産形成を行い50歳前後でセミリタイアしたいと考えていましたので、20年で積極運用の方がいいかと思い、積立投資の「変額運用プラン」をアドバイスさせていただきました。     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

40代女性公務員 学資保険に「元本確保型」、個人年金に「変額運用型」の海外積立投資!始めた事例

2019-07-19T22:35:04+09:002019年07年16日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|Tags: |

お客様事例 S・T様 40代女性 大阪府在住 公務員 前回、「元本確保一括投資プラン」を始め、今回は学資保険代わりと個人年金代わりに積立投資を2タイプ契約された事例をご紹介いたします。   ご相談者様のコメント 先日、海外投資協会さんからIFAをご紹介頂き一括投資を契約しましたが、並行して海外積立投資をするか追加で年数(満期時期)とIndexファンドを変えて一括投資にするか悩んでいました。 一括投資は10年満期で考えていましたが、同時に自分の老後生活資金と子供(2歳)の学資保険として何がいいか? 一括投資の際に担当の野村さんに色々お世話になり、積立投資に関しては本音を言えば他の2社と比較検討しておりました。 他の業者も悪いとこはないんですが、会って色々話が聞いたい私とってこれという決め手がなく、今一歩踏み出せないでいました。 野村さんの方でも海外積立投資のIFAをご紹介いただけると聞き、一括投資契約後もLINEやお電話で親切丁寧に色々教えていただきました。 最初は、子供には元本確保型15年満期140%最低保証プランをUSD200(約2万円)と自分の老後まであと20年ぐらいあるので、同じ元本確保型で20年150%〜160%のプランにしようかと思いましたが、 国内でも積立NISAを少額でやろうかな・・・そのあたりのバランスをどうしたほうがいいか?と野村さんに相談すると 「積立NISAで○○投信なら、Indexファンドでポートフォリオ選択できるタイプもありますし、もちろん元本確保ではございませんが、それはそれで開始して、せっかく海外積立投資やるんでしたら、Sさんの老後生活資金ということでしたら、リスクとリターンをもっと狙っていける「変額運用プラン」もいいと思います。」 とおっしゃっていただき、海外だけではなく国内の投信などについてもアドバイスをいただいたこと、投資バランスや年数を考慮してくれた提案が私にはすっと腑に落ちました。 そして、月一大阪に来てる野村さんのタイミングで再度お会いしまして認定IFAをご紹介いただき契約しました。 色々、方向性がずれたりしましたが野村さんがきっちりとアドバイスしていただいたおかげで本当に満足いく投資ができたと思います!ありがとうございました。   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:I社 契約内容: 積立投資 変額運用プラン USD200×25年 積立投資 元本確保プラン  USD200 ×15年   担当アドバイザーのコメント S様の投資目的はお子様の学資保険プランとご自身の老後生活資金(個人年金)プランでした。 学資保険プランは当初から運用リスクを取らない元本確保型プランで推奨していて、あとは2社でご紹介しどちらにするか悩んでいましたが、I社で「変額運用プラン」と「元本確保型プラン」をセットで契約すると変額運用プランの手数料が安くなるため、I社でまとめることをアドバイスさせていただきました。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

飲食店経営のキャッシュフロー対応に2タイプのオフショア積立投資を選択 40代飲食店経営者の投資事例

2019-07-19T22:35:06+09:002019年07年15日|Categories: 40代, 会社経営者, 海外積立投資|

お客様事例 E・I様 40代男性 都内在住 飲食店経営者 今回は、飲食店経営で読み切れない将来のキャッシュフローに対応できるようにオフショア積立投資を始めた事例をご紹介いたします。   お問合せメッセージ 本格的に海外での資産運用に興味を持ち始めましたので、しっかり学びたいです。 数社ほど検討していますが客観的なご意見と、信頼できるIFAを探しています。   ご相談者のコメント 私は学生時代に海外に留学していたので海外に関しては特にこれといって抵抗はございませんでした。 現在飲食店の経営や他の事業も行っていて、10年ほど会社経営をしております。 事業を行なっているとキャッシュフローで色々読めない部分があるので、将来のために海外投資をそろそろしなくては!と思いました。今はまとまった資金の投資より、まずは積立投資でコツコツスタートしようといった感じです。 最初はお電話でと思いましたが、担当の野村さんから 「面談の方が具体的な話がしやすいですがいかがでしょうか?」とのことで都内で面談しました。 今までセミナーで海外投資に関しては聞いたことがありますが、どうも胡散臭いのとバックマージンが高いような商品しか推奨されませんでした。 野村さんにその旨話すと 1)海外積立投資各社についてメリットデメリットをしっかりと話していただいた 2)IFAの運用実績 3)サポート体制やリスクについて などいいところだけではなく、しっかりとオフショア積立投資に関するデメリットやリスクなどもお話しいただき、とても好感が持てました。 今までセミナーで聞いた講師とは全然違うと思いました。 その後、海外出張でしたが出張中に2~3メールで色々質問してもすぐに返信は来ますし、的確な回答でしたので、帰国後すぐにプランを決めて認定IFAをご紹介いただき契約しました。 紹介IFA経由での加入内容 保険会社:I社 契約内容: 変額運用プラン 積立投資 USD500×20年 元本確保型プラン 積立投資 USD200 20年   担当アドバイザーのコメント K・K様の今回の投資ニーズは次の3点でした。 ・一括投資よりもまずは積立投資でコツコツと始めたい ・月5~10万円ぐらいで20年ぐらいで長期で運用したい ・20年後に色々な投資をして5,000万円ほど資金をつくりたい 最初は積立投資の変額運用プラン一本でもいいかと思いましたが 元本確保型プランと組み合わせることで運用先も分散できていいかもとおっしゃっておりましたので上記のプランをアドバイスしました。 今後も一括投資もタイミング見て投資していきたいとのことでした。     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

「GAFA」もオフショアを活用!非課税かつ複利運用のオフショア投資で資産運用する魅力

2019-07-20T14:00:08+09:002019年07年10日|Categories: 海外投資|Tags: , , , , , |

オフショア(租税回避地域)として有名なのが、ヨーロッパでは、マン島(イギリス領のバージン諸島)やスイス、アジアでは香港、シンガポールです。 世界の主要金融機関や企業が会社は、オフショアの租税メリットなどを活用する為、会社を次々と設立しており、世界中の資産の50%以上が集まっていると言われています。 米有名企業もオフショア節税 米国を代表する4社「GAFA」(Google、Apple、Facebook、Amazon)も、このオフショア地域に海外法人を設立し数兆円規模の売上を移し節税対策を行っていることが、米議会で問題になったことも有名な話です。 オフショア地域で日本からのアクセスの良さ(直行便で5時間前後)と投資環境が整った場所として最も人気なのが「香港」です。企業や個人投資家がHSBC銀行口座やプライベートバンクを利用し、世界の金融商品への投資や資産運用を積極的に行っています。 香港は「国際金融センターランク第3位(2019年度)」として、香港金融局に許可された商品だけでなく、世界中の幅広い金融商品サービスを利用することができるのです。 海外投資というと一部の富裕層や資産家の方が投資しているイメージがあるかもしれませんが、月々数万円から始められる積立型の金融商品や年利4〜6%の生命保険があるため、日本からも多くの方が香港経由で契約をしています。   国際金融センターランキング トップ10 1位 ニューヨーク 2位 ロンドン 3位 香港 4位 シンガポール 5位 上海 6位 東京 7位 トロント 8位 チューリッヒ 9位 北京 10位 フランクフルト 1位はニューヨーク、2位はロンドン、3位の香港は変わりません。東京は6位と他のアジアの金融センターに比べ活力がないと判断されたことがランクを落とした要因のようです。 経済自由度指数 香港が25年連続第1位 アメリカのシンクタンク「ヘリテージ財団」と経済紙「ウォールストリート・ジャーナル」は「2019年経済自由度指数(Index of Economic Freedom)」を発表しました。 香港が25年連続で世界一となり、2位はシンガポール、3位はニュージーランドとトップ3は2015年から5年連続で同じで、日本とマカオは前年と同じ30位と34位、中国本土は前年の110位から100位となっています。 2019年経済自由度指数トップ10 1位 香港  90.2 2位 シンガポール 89.4 3位 ニュージーランド 84.4 4位 スイス  81.9 5位 オーストラリア 80.9 6位 アイルランド 80.5 7位 イギリス 78.9 8位 カナダ 77.7 9位 アラブ首長国連邦. 77.6 10位 台湾 77.3 ※米国のシンクタンク「ヘリテージ財団」と「ウォールストリート・ジャーナル」が毎年発表。 ※10項目(ビジネスの自由度、貿易の自由度、財政の自由度、政府支出、通貨の自由度、投資の自由度、金融の自由度、財産権の確保、汚職の少なさ、労働の自由度)を100点満点で採点され、総合得点の平均点で順位を算出されます。 各国の税率比較 税率や非課税措置の比較では、香港はダントツで低く設定されています。 今話題のシンガポールや世界的に有名なスイスは、意外にも高い税率になっています。 このように、税金面、経済自由度、投資環境や日本から一番近いオフショアとして、香港が人気なのが、お分かりいただけると思います。  

20代シンクタンク勤務 10年運用で年3.7%の資産運用「貯蓄型生命保険」を契約された事例

2019-07-19T22:35:10+09:002019年07年01日|Categories: 20代, お客様事例, 会社員|Tags: , |

お客様事例 M・A様の奥様 20代 都内シンクタンク勤務 今回は、以前、当協会にご相談頂いた投資銀行勤務のM・A様の奥様が香港の生命保険会社の貯蓄型保険をご契約された事例をご紹介いたします。   ご相談者様の問合せ内容 私の主人が投資銀行勤務で資産運用方法として主人から米国債(割引債やストリップ債)などを進められておりましたが、今回は海外投資協会の野村さんに色々聞いてみたらとご紹介いただきました。 今までは姉と不動産を保有しておりましたが、この度物件を売却したため、その資金の一部で海外の投資商品の購入を検討していました。 また、姉も去年香港の生命保険に加入し「日本ではあり得ない利回りだよ」とも聞いていたため興味を持っていました。 野村さんと主人と一緒に都内で面談させていただきました。 今回、2,000万円ぐらいを一括投資にと考えており、 ・投資可能期間 ・リスクの許容度 など色々ヒアリングしていただきました。 10年ぐらいは使う予定のない資金でと話すと 「それでしたら、10年後には最低保証2.8%で現行利率3.7%の商品が固くていいのでは?」とのこと。 正直、為替リスクなどあまり理解しておりませんでしたが、主人がそのあたりは理解しておりますので半分お任せ(笑)になってしまいましたが、海外一括投資の認定IFAをご紹介いただき、郵送で契約しました。 また、野村さんには海外送金の同行までしていただき、最近マネロンで送金が厳しくなっていることなど知らずに一人で銀行行っていたら断られていたと思います(汗)。 野村さんにはとても助かりました。 友人でも資産運用の話など最近色々話題に出るので、その時にはまた野村さんを紹介しようと思います! 紹介IFA経由での加入内容 保険会社:S社 契約内容:100歳満了 貯蓄型保険 USD184,000 一括払い   担当アドバイザーのコメント 今回の投資ニーズが「10年ぐらい保有できて、リスクは極力抑えたい。」ということでしたので、保険会社として安定感のある保険会社がいいと思い、 創業150年以上の香港S社をご紹介しました。 S社の貯蓄型保険は現行利率の年3.7%で推移すると4年目に損益分岐点を迎え、10年後には140%近くまでリターンが見込めます。 また契約後すぐに最低利率になることは考えづらいですが、仮に10年後の最低保証の年2.8%で推移しても返戻率は123%前後となるため「10年後の見えた金額」ということでこちらご紹介しました。 IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

30代男性会社員 長期の資産形成を目的に「元本確保型」積立投資を契約された事例

2019-07-19T22:35:13+09:002019年06年18日|Categories: 30代, お客様事例, 会社員|Tags: |

お客様事例 H・A様 30代男性 愛知県在住 サービス業会社員 今回は、長期の資産形成のため、ムリのない金額で元本確保型の積立投資を始めた会社員の方の事例をご紹介いたします。   ご相談者様の問合せ内容 私は中長期で確実に資産形成していき毎月定額で投資をして、複利運用をしようと考えております。 投資経験はほとんどない為、定額から初めて実績を確認しながら、知識、経験を増やして行きたいと思っております。 実績経験のある方に運用を相談しながら行っていきたいと思っております。 海外投資を始めるまで お電話で連絡希望時間帯を伝えると、担当アドバイザーの野村さんから連絡がありました。 お電話で積立投資(変額運用プランと元本確保型プラン)について概要を教えていただきました。 ・共同名義について ・手数料について ・想定利回り、、など 結構細かい質問をしましたが、返信も早く的確にアドバイスいただき、変額運用プラン・元本確保型プランそれぞれのメリットデメリットをしっかり理解できました。 何度も電話したりメールしたりしても、野村さんは返信も早いし電話していてもとても気さくな方で 「投資は色々情報見ても、結局は初めて見ないとわからないですよ!」と背中を押していただきました。 その後、認定IFAをご紹介いただき「元本確保型プラン」で契約しました。 また、Facebookで野村さんを調べるとなんと共通の友達がいて、電話で盛り上がり、名古屋出張ついでに面談しましたが、なんだか初めて会う感じがしないぐらい親近感がわきました。 また、半年後ぐらいに変額プランも申し込みたいのでその時にも野村さんに色々相談しようと思います!   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:I社 契約内容:元本確保型積立投資 USD200/月 20年間   担当アドバイザーのコメント あまり投資慣れしていないのと、変額運用プラン・元本確保型プランの両方を説明させて頂いた際に、 「過去に先物で失敗しているので、あまりリスクを取らずに確実に運用したい!」というニーズが強いと感じ、また積立額も無理しない程度で最初はスタートしたほうがいいことをアドバイスさせて頂きました。 積立投資は契約期間(今回は20年間)続けることが重要です。 投資資金に余裕ができてきたら積立額を増やすこともできますし、他の契約を追加する方法もあります。ですから今回もムリのない金額で始めることをアドバイスさせて頂きました。 IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

40代女性会社員 資金500万円を海外の「年金保険」と「終身保険」を契約された事例

2019-07-19T22:35:15+09:002019年06年11日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|Tags: , |

お客様事例 K・Y様 40代女性 東京都在住 会社員 今回は、500万円の資金を年金保険と終身保険の2本の生命保険を契約された事例をご紹介いたします。   ご相談者様のコメント 私が海外の生命保険について興味を持ったきっかけは、500万円ほどまとまった資金がありましたが、日本の貯蓄型の生命保険では増えないことを知っていました。そんなとき友人から香港の生命保険は日本ではあり得ないメリットがあることを聞き、興味をもちました。 しかし誰に聞いたらいいかわからないのと、ましてや日本で契約することに不安を感じていたためネットで海外投資協会さんにたどり着きメールで問合せさせて頂きました。 たまたま2019年5月17日に娘と息子と香港旅行に行く予定があったので、現地のIFAをご紹介していただきその日に説明など受けたいと考えていました。 担当の野村さんと電話で相談させていただき、海外保険や一括投資について概要をご説明いただきました。 一括投資でも、どのぐらいの期間で受け取りたいか? 死亡保障は必要か? などやりとりしていると 「例えば、5年、10年、15年と満期時期をずらし、それに合わせて投資資金を分散するのもいいと思いますよ!」 とアドバイスいただくと、それもいいかなぁと自分だけではなかなかイメージできない部分も引き出していただきました。 正直、香港に行くまではとりあえず現地IFAで話を聞いて帰国してからどうするか考えようと思っておりましたが、 日本では聞けない香港での情報やIFAの方が日本人で親切丁寧に対応していただいたこと、担当の野村さんの感じが良く、現地IFAの場所をLINEで逐一ご連絡いただいたりまめな対応をしていただいたりととてもいい印象でしたので、思い切って香港で契約しました! 日本国内でも郵送で契約できることは知っていましたが、やはり現地に行って色々な情報やIFAがどんな会社なのかを見れましたので、私にとっては時間と費用はかかってでも香港で契約したことでとても安心できました! その後、都内で野村さんがわざわざご挨拶だけで時間をとっていただき、とても好印象で今後またいい投資商品が出たら色々アドバイスをいただきたいと思います。   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:F社 契約内容:海外終身保険 USD26,000全期前納 保険会社:S社 契約内容:海外年金保険 USD21,000全期前納 担当アドバイザーのコメント K・Yさんは500万円ほどまとまった資金があるとのことで、一括投資プランとして2つの海外生命保険をアドバイスしました。 1つ目は、お二人お子様がいらっしゃって、下の子はまだ高校生ということもあり、あと数年は万が一時の死亡保障も必要だと考え、20年で返戻率200%近くになる「海外終身保険」を。 2つ目はご自身の定年後の退職金を準備するお考えでしたので、上記と合わせて「海外年金保険」をアドバイスしました。 こちらのプランは15年目以降から年金受け取りができ、残った資金はお子さんに資産継承できるなど、日本の貯蓄型保険ではあり得ないメリットがあります。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

30代女性公務員 悪い噂ばかりの海外投資!それでも「元本確保一括投資プラン」を始めた事例

2019-07-19T22:35:17+09:002019年05年30日|Categories: 30代, お客様事例, 会社員|Tags: |

お客様事例 S・T様 30代女性 大阪府在住 公務員 今回は、海外投資の悪い噂ばかりを聞いていた方が、当協会を信頼頂き余剰資金を「元本確保の一括投資を10年」でスタートされた公務員の方の事例をご紹介いたします。   ご相談者様のコメント 友人に教えてもらった「海外投資セミナー」に参加したり、色々情報集めたりしました。 実際に情報収集していくと、仲介業者の悪い話ばかり聞いてしまい、余剰資金が300万円ほどあり、海外投資しようにも一括で投資するのがいいか、積立でコツコツがいいか悩んでいたところ海外投資協会さんのサイトを拝見し問合せさせていただきました。 連絡希望時間帯をメールすると担当アドバイザーの野村さんからまずはメールで連絡がありました。 お電話希望日に担当の野村さんはちょうど香港出張中でしたが、それにも関わらずLINEで気さくに電話相談に応じてくれました。 「積立元本確保型プラン 200ドル または 一括投資200万円程度を検討しております。 海外投資協会さんは他の業者と比べて、何が違うのでしょうか?」 と質問をさせて頂きました。 「まとまった資金であれば、積立より一括投資される方が中期長期の両方で考えることもできますし、商品によりますが低リスク〜中リスクまで色々選択できますよ!」とお話しいただきました。 1つの商品を薦めるのではなく、私のニーズにあった投資プランを率直にご提案頂き、、 まずは一括でUSD10,000ぐらいから手始めに始めてみようと考えるようになりました。 その翌週に大阪出張があるとのことで面談しましたが、上記の通りでまずは一括投資である程度方向性は決まっていましたので、お会いした時は比較検討商品や積立ならどんなのがあるか質問させていただきました。 そこで1つの商品ではなく幾つものプランをご提案いただいたので、色々な商品の中から選びたい私としてはとても好感が持てました。 結果、一括投資(元本確保型)に決めて、認定IFAをご紹介いただき、郵送で契約しました。 追加でUSD10,000も考えているので、次回は満期時期を分けて投資しようと思います。 他社のセミナーで聞いたような、ふんわりした具体性のない内容ではなく、具体的な投資手法やプランをご紹介頂いたので安心してオフショア投資を始めることができました。   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:P社 契約内容;満期時元本確保プラン 10,000USD 一括払い 10年満期   担当アドバイザーのコメント 今回、まとまった資金があるのであれば、まずは一括投資からがいいとアドバイスさせていただきました。 10年ぐらいの期間、投資できる余剰資金があり、且つあまりリスクは取りたくないとのことで「元本確保型でIndexも5種類から自分でポートフォリオを組んで投資」することができるプランで、S&P500と新興国Indexの組み合わせをご提案させていただきました。 海外投資を紹介する業者はたくさんありますが、信頼の置ける投資家目線に立った情報を提供しているところは少ないようです。もし少しでも不安や疑問がありましたら、お問合せいただければご対応させて頂きます。 IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

不動産会社勤務 海外勤務経験からオフショア積立投資をスタートした事例

2019-07-19T22:35:19+09:002019年05年27日|Categories: 30代, お客様事例, 会社員|Tags: |

お客様事例 K・H様 30代男性 不動産会社社員 今回は海外勤務のご経験から海外の投資に興味を持ち、無理のない金額でまずは積立投資10年をスタートされた不動産会社社員の方の事例をご紹介いたします。   ご相談者様のコメント 私はこれまでに仕事の関係(事業開発)でイスラエルに3年、アイルランドに1年おりました。 海外の投資ってどんなんだろう?と色々調べていた結果、これからの資産形成を考えた時に香港の長期積立に興味が出てきました。 毎月の積立以外に支払う手数料などトータルコストを見て、近いうちに申し込みができればと思い海外投資協会さんにお問い合わせしました。 連絡希望時間帯をお伝えし、まずはお電話で海外積立投資に関してご説明いただきました。 15年満期で満期時元本の140%最低保証の「元本確保型プラン」もいいと思いましたが、 おそらくリターンが比較的大きくなる可能性のある「変額運用プラン」の方がいいかなと思いました。 その他、 ・毎月払い以外に例えば6ヶ月や1年の一括払いをすることは可能なのか? ・積立期間は最初に設定した期間より延ばしたり短縮することは出来ないのか? など色々質問しましたが、担当アドバイザーの野村さんからすぐに回答の返信があるのと、 毎月関西方面の出張があるとのことで、色々クリアになった上で面談しました。 ご説明を聞いた上で転職してちょっと落ち着いた頃になったため、香港の認定IFAをご紹介いただき海外積立投資をスタートしました。 今は国内の不動産会社に転職したばかりですので、無理なく積立をして数年ごとに積立額を増額、もしくは一括投資なども将来的には考えていきたいです。   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:I社 契約内容:「変額運用プラン」積立投資  USD200 ×10年   担当アドバイザーのコメント 海外積立投資が初めてなのと、今後仕事が落ち着いてきたら増額や一括投資など色々やっていきたいが、まずは様子を見ながら 開始したいとのことで、まずはスタートしてみるのがいいとアドバイスし、 10年後はそのまま運用継続するか解約して再投資するかなども考えたいとのことで積立期間10年をアドバイスしました。 IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

投資銀行マン 45歳のセミリタイア実現に向け潤沢な資金で海外積立投資をスタートした事例

2019-07-19T22:35:21+09:002019年05年20日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|Tags: |

お客様事例 M・A様 30代男性 東京都 投資銀行勤務 今回は投資銀行勤務の方が、職業柄、国内で販売されているファンドに投資できないため海外に目を向け、2種類の積立投資を2本契約された事例をご紹介いたします。 現状の資産運用・投資状況 プルデンシャル生命「USD建終身保険」 米国債(割引債) ワンルームマンション5部屋 iDecoなど ご相談者様のコメント 私は某投資銀行に勤務しており50歳までに(できれば45歳まで)セミリタイアを考えております。 職業柄、国内の金融機関で販売されているファンドや株式などは購入できない(バレたらクビ)ので、何かないかと探していたところネットで海外投資協会を知り、オフショア投資について検討してみたくなり、IFAの紹介等をお願いする為、相談させて頂きました。 担当の野村さんに、「45歳までにセミリタイア予定で今はガンガン働いて投資したい!」と話すと「海外積立投資」や「一括投資」、「海外終身保険」などいろいろご説明いただきました。 今はまとまった資金で運用(為替がもうちょっと円高に振れたら)よりは、収入から一部積立に回す「海外積立投資」を検討しました。 「満期時期と投資の分散で変額運用プランと元本確保型プラン両方組み合わせるのもいいと思いますよ!」 とのアドバイスをいただき、 変額運用プランで時間の分散とドルコストがとれる積立投資に決定。 元本確保は20年で満期時元本の160%最低保証がとれるので、20年で無理なく積立できる金額で決めました。 色々差し引いても毎月50万円ぐらい捻出できるので I社 USD3,750/月10年満期(変額運用プラン) I社 USD750/月 20年満期(元本確保型プラン) それぞれの認定IFAをご紹介いただき、IFAと郵送で契約しました。 担当アドバイザーのコメント 投資方針については、将来45歳でセミリタイアを考えていらっしゃるため、毎月の積立投資額を大きくして10年〜20年ぐらいで払込みが終わるプランをおすすめしました。 また「投資期間を25年にして11年目以降に減額する方法はどうですか?」と質問受けました。 「変額運用プラン」は途中減額すると手数料比率が上がるのとドルコスト法が効かなくなるので積立投資の意味がなくなることと、 「元本確保プラン」は途中減額などすると、元本確保機能がなくなるので、積立投資は満期まで積立できる金額がいいことをアドバイスしました。 今回は積立投資でしたが、まとまった資金での一括投資運用も検討しており、加入しているプルデンシャルを3年後に解約(今の担当者とおつきあいがあるのでやめたいけどやめられない・・・)し、その資金で5年満期×年利3%固定金利商品など一括投資を色々検討されているので、今後もご相談者さまにとって適切なアドバイスをさせていただきます。 IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。