40代

40代女性公務員 学資保険に「元本確保型」、個人年金に「変額運用型」の海外積立投資!始めた事例

2019-07-19T22:35:04+09:002019年07年16日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|Tags: |

お客様事例 S・T様 40代女性 大阪府在住 公務員 前回、「元本確保一括投資プラン」を始め、今回は学資保険代わりと個人年金代わりに積立投資を2タイプ契約された事例をご紹介いたします。   ご相談者様のコメント 先日、海外投資協会さんからIFAをご紹介頂き一括投資を契約しましたが、並行して海外積立投資をするか追加で年数(満期時期)とIndexファンドを変えて一括投資にするか悩んでいました。 一括投資は10年満期で考えていましたが、同時に自分の老後生活資金と子供(2歳)の学資保険として何がいいか? 一括投資の際に担当の野村さんに色々お世話になり、積立投資に関しては本音を言えば他の2社と比較検討しておりました。 他の業者も悪いとこはないんですが、会って色々話が聞いたい私とってこれという決め手がなく、今一歩踏み出せないでいました。 野村さんの方でも海外積立投資のIFAをご紹介いただけると聞き、一括投資契約後もLINEやお電話で親切丁寧に色々教えていただきました。 最初は、子供には元本確保型15年満期140%最低保証プランをUSD200(約2万円)と自分の老後まであと20年ぐらいあるので、同じ元本確保型で20年150%〜160%のプランにしようかと思いましたが、 国内でも積立NISAを少額でやろうかな・・・そのあたりのバランスをどうしたほうがいいか?と野村さんに相談すると 「積立NISAで○○投信なら、Indexファンドでポートフォリオ選択できるタイプもありますし、もちろん元本確保ではございませんが、それはそれで開始して、せっかく海外積立投資やるんでしたら、Sさんの老後生活資金ということでしたら、リスクとリターンをもっと狙っていける「変額運用プラン」もいいと思います。」 とおっしゃっていただき、海外だけではなく国内の投信などについてもアドバイスをいただいたこと、投資バランスや年数を考慮してくれた提案が私にはすっと腑に落ちました。 そして、月一大阪に来てる野村さんのタイミングで再度お会いしまして認定IFAをご紹介いただき契約しました。 色々、方向性がずれたりしましたが野村さんがきっちりとアドバイスしていただいたおかげで本当に満足いく投資ができたと思います!ありがとうございました。   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:I社 契約内容: 積立投資 変額運用プラン USD200×25年 積立投資 元本確保プラン  USD200 ×15年   担当アドバイザーのコメント S様の投資目的はお子様の学資保険プランとご自身の老後生活資金(個人年金)プランでした。 学資保険プランは当初から運用リスクを取らない元本確保型プランで推奨していて、あとは2社でご紹介しどちらにするか悩んでいましたが、I社で「変額運用プラン」と「元本確保型プラン」をセットで契約すると変額運用プランの手数料が安くなるため、I社でまとめることをアドバイスさせていただきました。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

飲食店経営のキャッシュフロー対応に2タイプのオフショア積立投資を選択 40代飲食店経営者の投資事例

2019-07-19T22:35:06+09:002019年07年15日|Categories: 40代, 会社経営者, 海外積立投資|

お客様事例 E・I様 40代男性 都内在住 飲食店経営者 今回は、飲食店経営で読み切れない将来のキャッシュフローに対応できるようにオフショア積立投資を始めた事例をご紹介いたします。   お問合せメッセージ 本格的に海外での資産運用に興味を持ち始めましたので、しっかり学びたいです。 数社ほど検討していますが客観的なご意見と、信頼できるIFAを探しています。   ご相談者のコメント 私は学生時代に海外に留学していたので海外に関しては特にこれといって抵抗はございませんでした。 現在飲食店の経営や他の事業も行っていて、10年ほど会社経営をしております。 事業を行なっているとキャッシュフローで色々読めない部分があるので、将来のために海外投資をそろそろしなくては!と思いました。今はまとまった資金の投資より、まずは積立投資でコツコツスタートしようといった感じです。 最初はお電話でと思いましたが、担当の野村さんから 「面談の方が具体的な話がしやすいですがいかがでしょうか?」とのことで都内で面談しました。 今までセミナーで海外投資に関しては聞いたことがありますが、どうも胡散臭いのとバックマージンが高いような商品しか推奨されませんでした。 野村さんにその旨話すと 1)海外積立投資各社についてメリットデメリットをしっかりと話していただいた 2)IFAの運用実績 3)サポート体制やリスクについて などいいところだけではなく、しっかりとオフショア積立投資に関するデメリットやリスクなどもお話しいただき、とても好感が持てました。 今までセミナーで聞いた講師とは全然違うと思いました。 その後、海外出張でしたが出張中に2~3メールで色々質問してもすぐに返信は来ますし、的確な回答でしたので、帰国後すぐにプランを決めて認定IFAをご紹介いただき契約しました。 紹介IFA経由での加入内容 保険会社:I社 契約内容: 変額運用プラン 積立投資 USD500×20年 元本確保型プラン 積立投資 USD200 20年   担当アドバイザーのコメント K・K様の今回の投資ニーズは次の3点でした。 ・一括投資よりもまずは積立投資でコツコツと始めたい ・月5~10万円ぐらいで20年ぐらいで長期で運用したい ・20年後に色々な投資をして5,000万円ほど資金をつくりたい 最初は積立投資の変額運用プラン一本でもいいかと思いましたが 元本確保型プランと組み合わせることで運用先も分散できていいかもとおっしゃっておりましたので上記のプランをアドバイスしました。 今後も一括投資もタイミング見て投資していきたいとのことでした。     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

40代女性会社員 資金500万円を海外の「年金保険」と「終身保険」を契約された事例

2019-07-19T22:35:15+09:002019年06年11日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|Tags: , |

お客様事例 K・Y様 40代女性 東京都在住 会社員 今回は、500万円の資金を年金保険と終身保険の2本の生命保険を契約された事例をご紹介いたします。   ご相談者様のコメント 私が海外の生命保険について興味を持ったきっかけは、500万円ほどまとまった資金がありましたが、日本の貯蓄型の生命保険では増えないことを知っていました。そんなとき友人から香港の生命保険は日本ではあり得ないメリットがあることを聞き、興味をもちました。 しかし誰に聞いたらいいかわからないのと、ましてや日本で契約することに不安を感じていたためネットで海外投資協会さんにたどり着きメールで問合せさせて頂きました。 たまたま2019年5月17日に娘と息子と香港旅行に行く予定があったので、現地のIFAをご紹介していただきその日に説明など受けたいと考えていました。 担当の野村さんと電話で相談させていただき、海外保険や一括投資について概要をご説明いただきました。 一括投資でも、どのぐらいの期間で受け取りたいか? 死亡保障は必要か? などやりとりしていると 「例えば、5年、10年、15年と満期時期をずらし、それに合わせて投資資金を分散するのもいいと思いますよ!」 とアドバイスいただくと、それもいいかなぁと自分だけではなかなかイメージできない部分も引き出していただきました。 正直、香港に行くまではとりあえず現地IFAで話を聞いて帰国してからどうするか考えようと思っておりましたが、 日本では聞けない香港での情報やIFAの方が日本人で親切丁寧に対応していただいたこと、担当の野村さんの感じが良く、現地IFAの場所をLINEで逐一ご連絡いただいたりまめな対応をしていただいたりととてもいい印象でしたので、思い切って香港で契約しました! 日本国内でも郵送で契約できることは知っていましたが、やはり現地に行って色々な情報やIFAがどんな会社なのかを見れましたので、私にとっては時間と費用はかかってでも香港で契約したことでとても安心できました! その後、都内で野村さんがわざわざご挨拶だけで時間をとっていただき、とても好印象で今後またいい投資商品が出たら色々アドバイスをいただきたいと思います。   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:F社 契約内容:海外終身保険 USD26,000全期前納 保険会社:S社 契約内容:海外年金保険 USD21,000全期前納 担当アドバイザーのコメント K・Yさんは500万円ほどまとまった資金があるとのことで、一括投資プランとして2つの海外生命保険をアドバイスしました。 1つ目は、お二人お子様がいらっしゃって、下の子はまだ高校生ということもあり、あと数年は万が一時の死亡保障も必要だと考え、20年で返戻率200%近くになる「海外終身保険」を。 2つ目はご自身の定年後の退職金を準備するお考えでしたので、上記と合わせて「海外年金保険」をアドバイスしました。 こちらのプランは15年目以降から年金受け取りができ、残った資金はお子さんに資産継承できるなど、日本の貯蓄型保険ではあり得ないメリットがあります。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

投資銀行マン 45歳のセミリタイア実現に向け潤沢な資金で海外積立投資をスタートした事例

2019-07-19T22:35:21+09:002019年05年20日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|Tags: |

お客様事例 M・A様 30代男性 東京都 投資銀行勤務 今回は投資銀行勤務の方が、職業柄、国内で販売されているファンドに投資できないため海外に目を向け、2種類の積立投資を2本契約された事例をご紹介いたします。 現状の資産運用・投資状況 プルデンシャル生命「USD建終身保険」 米国債(割引債) ワンルームマンション5部屋 iDecoなど ご相談者様のコメント 私は某投資銀行に勤務しており50歳までに(できれば45歳まで)セミリタイアを考えております。 職業柄、国内の金融機関で販売されているファンドや株式などは購入できない(バレたらクビ)ので、何かないかと探していたところネットで海外投資協会を知り、オフショア投資について検討してみたくなり、IFAの紹介等をお願いする為、相談させて頂きました。 担当の野村さんに、「45歳までにセミリタイア予定で今はガンガン働いて投資したい!」と話すと「海外積立投資」や「一括投資」、「海外終身保険」などいろいろご説明いただきました。 今はまとまった資金で運用(為替がもうちょっと円高に振れたら)よりは、収入から一部積立に回す「海外積立投資」を検討しました。 「満期時期と投資の分散で変額運用プランと元本確保型プラン両方組み合わせるのもいいと思いますよ!」 とのアドバイスをいただき、 変額運用プランで時間の分散とドルコストがとれる積立投資に決定。 元本確保は20年で満期時元本の160%最低保証がとれるので、20年で無理なく積立できる金額で決めました。 色々差し引いても毎月50万円ぐらい捻出できるので I社 USD3,750/月10年満期(変額運用プラン) I社 USD750/月 20年満期(元本確保型プラン) それぞれの認定IFAをご紹介いただき、IFAと郵送で契約しました。 担当アドバイザーのコメント 投資方針については、将来45歳でセミリタイアを考えていらっしゃるため、毎月の積立投資額を大きくして10年〜20年ぐらいで払込みが終わるプランをおすすめしました。 また「投資期間を25年にして11年目以降に減額する方法はどうですか?」と質問受けました。 「変額運用プラン」は途中減額すると手数料比率が上がるのとドルコスト法が効かなくなるので積立投資の意味がなくなることと、 「元本確保プラン」は途中減額などすると、元本確保機能がなくなるので、積立投資は満期まで積立できる金額がいいことをアドバイスしました。 今回は積立投資でしたが、まとまった資金での一括投資運用も検討しており、加入しているプルデンシャルを3年後に解約(今の担当者とおつきあいがあるのでやめたいけどやめられない・・・)し、その資金で5年満期×年利3%固定金利商品など一括投資を色々検討されているので、今後もご相談者さまにとって適切なアドバイスをさせていただきます。 IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

40代 開業医がお子様2名分の海外終身保険を追加契約した事例

2019-07-19T22:35:23+09:002019年05年20日|Categories: 40代, お客様事例, 医師|Tags: |

お客様事例 K・T様 40代男性 愛知県在住 開業医 今回は、以前F社の海外終身保険 (USD200,000)に一括投資されたK・T様が、お子様(16歳息子さんと12歳娘さん)の保障として追加投資された事例をご紹介いたします。   ご相談者のコメント 今回は、お子様の死亡保障を考えた時に国内のUSD建て終身保険と海外終身保険を比較すると同じ保険料払込期間と死亡保障額での比較した場合 20年目以降の返戻率でみると、海外終身保険の方が断然いいのでこちらまとまった資産がありましたので、USD100,000×2人=USD200,000一括払いでそれぞれ申し込みました。 海外終身保険は運用益に応じて死亡保障も増えていき、 息子は20年後にで約10倍(1億円ぐらいの死亡保障準備)、30年後に約13倍(1.3億円)ほどになり、 娘も同じく20年後にで約11倍(1,1億円ぐらいの死亡保障準備)、30年後に約16倍(1.6億円)ほどになります。 また、返戻率に関しては 息子は20年後には240%となり、定年退職するぐらいの時には1.4億円ほどになり、娘は20年後には250%となり、定年退職するぐらいの時には2億円ほどの返戻金が見込めます(現行利率で推移した場合)。 被保険者息子さん16歳:S社 終身保険プラン USD100,000一括(初年度死亡保障額 USD402,000) 被保険者娘さん12歳:同上 USD100,000一括(初年度死亡保障額 USD455,000) 先行きが見えない世の中で、子供達の時代にはどうなっているかわからないので、親としてせめてものことができればと思い、今回海外終身保険に郵送で加入しました。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

40代 開業医が自身の年金対策と子供への資産継承に海外生命保険を活用した事例

2019-07-19T22:35:31+09:002019年03年18日|Categories: 40代, お客様事例, 医師|Tags: |

お客様事例 K・T様 40代男性 愛知県在住 開業医 今回は開業医の方が、自身の資産形成や年金対策と子供への資産継承に海外の終身保険を契約された事例をご紹介いたします。 現状の資産運用・投資状況 国内外資系保険会社のUSD建て終身保険(法人と個人で両方) 太陽光発電2基所有 国内不動産2棟 ご相談者の依頼内容 お世話になります。以前から海外生命保険に興味があり、あれこれ調べていくうちに海外投資協会のサイトを知りました。 他のサイトで海外保険相談していると、「海外投資協会がいい」と聞きましたので、ご相談させていただきたく思い、メールしました。 資産形成や自分(48歳)の年金代わりのため、妻(47歳)や2人いる子供(16歳、12歳)への資産移転などを目的とした貯蓄型終身生命保険等を考えています。 現在はF社のRPやS社のLB等に興味があります。希望としてはクレジットカード支払い(あまり海外送金等で目立ちたくない)、できれば海外渡航なしで済ませたい(時間的余裕がない)と思っています。 お話を伺って問題がなさそうなら、国も含めていくつか分散させた形でいろいろとやってみたいとも思っています。小生は名古屋在住の開業医で資金的には多少余裕があります。 このため資産を子供に移転つつ、医療法人ゆえ制約は多いものの、法人や個人特性を利用しながら少しは円以外にも資産を分散してもいいかなと思っています。共同名義などもうまく利用できるといいのですが、例えば保険を契約直後に解約返礼率が低い時期があればその時点で贈与の形で子供に契約者を変えたりできないか…などあれこれ空想しています(未成年は契約者になれる?)。 あとは該当する保険会社の安全性、海外ラップ口座のこと、比較的安全性の高いもので何かおすすめはないか、共同名義や出口戦略などについて聞いてみたいと思っています。東京に行くことも可能ですので一度野村さんに直接会ってお話を伺えないでしょうか。小生は木曜、日曜、隔週の土曜は比較的空けやすいのですが…一度ご検討いただければと思います。電話にてご連絡いただくにしても可能なら一度メールにて概ねの時間を指定していただけると助かります。よろしくお願いします。 IFA紹介サービスのご感想 メール問い合わせの後、担当の野村さんとお電話でご挨拶方々お話しし、その後都内で面談しました。 予め海外保険に関しての情報は持ち合わせておりましたので、現状の資産状況や私の資産ニーズに対してどうアドバイスしてくれるのか?と思っておりました。 海外投資協会さんは他の方にも問い合わせしたところ 「野村さんはおすすめできる人です」 と伺っていましたのと、海外投資協会のコラムでいくつかの事例を見ておりましたので、とても安心感が持てました。 保険会社やIFAについてのこと 野村さん自身のこのビジネスでのこれまでの経験 私がどうにかなったときの対応 など 色々なことを質問しましたが、すぐに返信いただけたりと 「やっぱり、評判通りとても対応がいいな」と感じました。 これが一段落したら、すぐに子供名義で海外終身保険加入を検討しており、その後も野村さんに色々相談しようと思います! >>2019年5月 お子様2目分の追加契約のされた事例はこちら   紹介IFA経由での加入内容 保険会社:F社 契約内容:海外終身保険 20万ドル全期前納   K・T様のご要望 ・20年〜の長期運用を希望されており、リスクを極力抑えることを希望 ・将来の資産継承を考えると何処かのタイミングで譲渡できるプランを希望   担当アドバイザーのコメント F社の終身保険は返戻率重視で保障重視ではありませんが、死亡保障は国内である程度加入されているのと不動産を所有しているため、返戻率重視の商品が適していると思います。 商品とは関係ないですが、とても紳士な方でこういうドクターの方が近くにいれば親身になって色々身体のこととかケアしてくれそうでいいなぁ。と個人的には感じました。 IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

【法人契約事例】節税効果狙いの日本の生命保険よりも20年で200%の海外終身保険を選択

2019-07-19T22:35:41+09:002019年02年12日|Categories: 30代, 40代, お客様事例, 会社経営者|

お客様事例 建築会社経営 K代表(40代)と役員2名(30代) 今回は、退職金準備と死亡保障を兼ね備えた海外終身保険に加入された法人契約の事例です。 海外の終身保険は日本と比較し、返戻率が高く、死亡保障の掛金が安いのがメリットです。K社長のように出口戦略のない一時の節税効果を目的とした日本の逓増定期保険よりも海外の終身保険を退職金準備のために法人契約される方も増えております。   ご相談メール お世話になります。香港でオフショア生命保険に入りたいと思っております。 インターネットで検索してみると、日本人が入れる保険はごくわずかと出てきます。 情報も溢れているので詳しいお話をお聞きしたいです。加入者は3人を予定しております。 また法人で契約し受取人を個人等にするこは可能でしょうか。右も左も分からない状態です。 お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。   海外生命保険加入の目的 法人での退職金積立。まだ会社としては二期目ですが、日本の全損の定期保険や逓増定期保険に入っても、そこまで増えないことを考えると、海外の生命保険であれば節税効果はないものの20年で返戻率200%前後は期待できるのが魅力です。   協会の対応の感想 問合せのあと、すぐに担当の野村さんから電話があり、 「今大阪ですけど、今日明日なら会えますよ!」 あまりにも急でびっくりしましたがw その2週間後に野村さんが大阪出張とのことで3名で大阪で面談することに。 それまでにメールと電話で商品についてのやり取りはしていましたので、香港の保険商品で加入することはほぼ決まっていました。 野村さんはもっとお堅い人なのかと思ったら、会って話すととても気さくで僕ら大阪の人って結構ストレートにモノ申すんですが、それに対しても嫌な顔せずに(むしろぶっちゃけ過ぎってくらい) 香港の金融事情や環境などについて話していただき、クリアになりました。 年末年始ばたばたしていましたが、年明けに落ち着き2月頭に野村さんに再び大阪来ていただき、香港の認定IFAをご紹介いただき、郵送で無事手続き完了しました。 会社の二期目でこれからどんどん社員を増やして自分の収入を上げて、また色々投資もしたいので、その時には野村さんに相談しようと思います!   紹介IFAでの契約内容 保険会社:S社 契約種類:海外終身保険 投資商品: USD 1,000/月 5年払い(総額USD60,000) USD  700/月 5年払い(総額USD42,000) USD  400/月 5年払い(総額USD24,000) 法人で海外保険での資産形成と退職金準備が目的ですが、まだ会社も二期目で何が起こるかわからないので払込年数をできるだけ短くしておきたいため5年払いを選択しました。 この終身保険は20年後に2倍、30年後に4倍の返戻率が付きますし、会社の事業保障を兼ねて死亡保障が厚いプランにしました。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

カナダの学資保険の代わりに香港経由の一括投資での資金運用を選択された外資系企業の会社員の方の事例

2019-07-19T22:35:46+09:002018年12年28日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 F・A様 40代 川崎市在住 外資系企業社員 今回は、日本居住者が契約できなくなったカナダの有名学資保険の代わりに香港経由の一括投資で資金運用を選択された外資系企業の会社員の方の事例をご紹介いたします。 ご相談者のコメント 私は、国内投資用不動産3件(ワンルームマンション)、カナダの学資保険(子供2人分)、iDeCoで運用していました。 今回は3人目の子供が生まれたので、学資保険としてそれを検討していましたが日本居住者は新規加入ができなくなっていたことを知り、300万円の資金の運用をどうしようか考えていました。 そこで日本の一時払い終身やUSD建て終身も検討しましたが、運用しても全然増えないので、他の海外投資商品を探していたところ海外投資協会さんのHPで香港経由で運用できる商品があることを知り問い合わせをしました。 最初は5年満期ぐらいで転がしながら資金を運用して行こうかと考えておりました。 相談した際には、妻が臨月でしたので出産して落ち着いてから・・・と思っておりましたが、仕事が忙しくなり、そうこうしている間に子供も6ヶ月が過ぎ、年末になって「そろそろ考えないとな・・・」と思い、担当の野村さんに10ヶ月ぶりにメールで再度連絡しました。 300万円一括投資が子供が16歳になるときに学資金として使える条件を伝えたところ、すぐに香港IFA経由で年3.5%で5年間固定金利の一括投資の商品があることを教えて頂きました。的確なプランを提案いただけるのでこの人に任せようと思い契約することにしました。   紹介IFAでの契約内容 保険会社:F社 契約種類:オフショア保険(死亡保障+貯蓄) 投資商品:USD27,000 一括投資 内容:お子様が16歳になるときに返戻率200%前後でリスクが少なくリターンが期待できる     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

太陽光発電投資会社経営者が海外生命保険で資産運用を始めた事例

2019-07-19T22:35:56+09:002018年10年24日|Categories: 40代, お客様事例, 会社経営者|

お客様事例 O・K様 40代 福岡県在住 不動産会社社員 兼 太陽光発電投資会社経営   私は会社員なのですが、数年前から妻を代表に法人設立し太陽光発電投資の会社を設立したり、ワンルームマンションの不動産投資なども行っています。 毎年利益は出ていますが、何か他の投資をしないと劇的には増えていかないと考えていました。 短期中期は本業の「不動産業+ダブルインカム」で十分キャッシュフローは読めているので、長期投資で色々情報収集していたところ、 海外保険会社で、16年で2倍、22年で3倍になるという大変魅力的な商品があることを知り、香港経由で契約するにあたり、海外投資協会に日本語対応ができるIFAの紹介とサポートを依頼しました。 香港渡航のサポートにおいて、年末年始を挟み1ヶ月後に渡航するタイトスケジュールの中、海外投資協会さんにはHSBC口座と投資のアポイントをLINEと電話で迅速かつ丁寧に進めていただきました。   長期間サポートしてもらえるのが安心ですね。 日本法人で海外保険の契約は可能か? 一括投資or 積立投資どちらがメリットがあるか? など海外投資は初めてでしたので、疑問点が色々出てくるところを事細かく教えていただき、ご紹介いただいた香港のIFAの方もとても親切で長期間フォローしていただく会社としてとても安心できました。 海外生保は香港渡航しなくても書類のやりとりだけで契約することができますが、やはり実際に渡航してIFAのオフィスを訪問し自分の目で確認することができたのでよかったです。 その後、担当の野村さんが福岡出張のタイミングで一杯飲みにいきましたが、実際に顔をあわせることで海外投資への不安が一気になくなりました。とても気さくな方でついつい飲みすぎてしまいました。 今後、太陽光投資で資金ができたらその時には追加投資したいと思います。 紹介IFA経由での投資内容 保険会社:F社 契約種類:オフショア生命保険 契約内容:USD 7,800/年 5年払い(法人契約) USD 3,600/年 5年払い(個人契約) 特徴:長期投資でかつリスクを抑えつつリターン確保することができます。 毎年、年末年始の香港旅行ついでに海外保険に加入する方もいらっしゃいます。 当協会で現地コーディネートからご契約フォローまで対応させて頂きますので、お気軽にご相談ください。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

退職後の老後資金を「積立投資×一括投資」で運用 40代会社員の事例

2019-07-19T22:36:01+09:002018年10年12日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 A・T様 40代 千葉県在住 大手小売業のルート営業社員 現在はサラリーマンですが、老後生活資金の確保のため資産形成の必要性を考えていました。銀行の定期預金では利息が毎年のインフレ率を下回ってしまい実質的な資産価値は目減りしていまいます。かといってリスクの高い投資はしたくなかったので、海外も含め情報収集していました。 そんな中、ある海外投資のセミナーで2つのオフショア投資(マン島・ケイマン島籍)の紹介があり、ある程度は情報入手しましたが、まだ自身で理解出来ていないところもあり踏み込めずにいましたが、海外投資協会のプライベートセミナーを第3者の意見を参考にしたいと思い申込みました。 プライベートセミナーで知りたい情報 ・オフショア投資の基礎とメリット・デメリットの確認 ・日本の生命保険と比較 ・他のファンドプランについて オフショア投資へのニーズと契約内容 今回、海外投資がはじめてということもあり少額かつ中長期で考えておりました。 また、サラリーマンのため毎月の積立額は変動しない方がいいと考え、円建てでできるプランがいいとお伝えしたところ、USD建て・円建てそれぞれのメリット・デメリットについても丁寧に教えていただき、オフショア積立投資をする意思が固まりました。 早速、海外投資協会の認定IFAをご紹介いただき、日本にいながら契約することができました。 その後、香港籍の生命保険にも興味があり、渡航して契約しようと考えていたところ2018年6月から日本でも契約できることを知り、再度IFAをご紹介いただき、一括USD30,000でお申し込みし海外送金しました。 一括プランは早い段階で損益分岐点を迎えそうなのと、いずれ自分が死んだ時に妻がそのまま契約を引き継ぎできる点に魅力を感じました。 紹介IFA経由での投資内容 保険会社:R社 契約種類:変額積立投資 契約内容:月 51,000円 25年 25年間の長期積立投資で積立額1500万円を200%~300%のリターンを狙います。 保険会社:F社 契約種類:一括投資 契約内容:USD30,000 全期前納 年6%のリターンを見込むことができ、万が一の際には妻に契約を引き継ぐことがことができる。     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。