会社員

学資保険代わりに海外積立投資(15年140%元本確保)を契約 30代 派遣社員の追加加入事例

2019-07-19T22:35:35+09:002019年03年09日|Categories: 30代, お客様事例, 主婦, 会社員|

お客様事例 N・S様 30代 神奈川県在住 派遣社員 今回は、2018年末にF社でオフショア終身保険(死亡保障+貯蓄)加入されたN・S様(30代/神奈川県在住/派遣社員)が 追加で海外積立投資(元本確保型)を契約された事例です。   ご相談者のコメント 前回、子供が0歳で何か学資保険的なものがあれば・・・とご相談させて頂いた際、 15年満期で元本140%最低保証プランがあることを知り、学資保険代わりに主人名義で契約する予定でした。 ところが主人が契約の段で 「海外保険はちょっと怪しいな・・・」とか 「この会社が破綻した場合でも本当に元本確保されるのか?」などと言い出して、一旦保留になっていました。 それ以後もネットで色々調べていると、やはり日本国内では返戻率のいい学資保険はないことに気がつき、いつまでも煮え切らない主人を差し置いて、 「私が毎月払うから、これ以上色々言わないで・・・」となり、再度、担当の野村さんにお話を聞きたくて連絡しました。 正直、申し訳ないなと思いながらメールしましたが、すぐに返信が来て数日後に会って再度商品内容ご説明いただき認定IFAをご紹介いただき、契約手続きしました。 また、私の周りでも学資保険などの話が出ることがよくあり、野村さんにご相談してもいいですか?と聞くと 「もちろんです!国内保険についても色々アドバイスできますしなんでも聞いてください!」と、心強い返事をいただきました。 周りで保険や投資で困っている方がいましたら野村さんを紹介したいと思います。 紹介IFA経由での加入内容 保険会社:I 社 契約種類:15年満期時元本の140%最低保証プラン(諸条件あり) 投資商品: USD 200×15年月払い 商品特徴:140%の元本確保型なので15年後にお子さんの教育資金目的として活用することができます。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

海外終身保険なら定年時に解約返戻率400% 老後資金確保のため追加契約されたお客様事例

2019-07-19T22:35:37+09:002019年03年09日|Categories: 30代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 K・K様 30代 福岡県在住 大手企業社員 今回ご紹介する方は、2018年8月に香港へ渡航されて一括投資(128歳満了貯蓄型生命保険)された K・K様(30代/福岡県在住/大手企業社員)が追加投資で海外終身保険に加入されました。 この方は、ご自身のご契約後に福岡で会社の先輩や同僚、知人などご紹介されている当協会のパートナーでもあります! K・K様のコメント 海外投資・海外生命保険を色々な方を紹介しているうちに 「自分はまだ独身だけど、今のうちに死亡保障も用意しながら貯蓄できれば・・・」と考えるようになってきました。 前回加入した128歳満了貯蓄型生命保険と違い、 死亡保障が掛け金の3~11倍は確保できる(年数に応じて) 何もなければ定年後に解約して「老後の生活資金」としても確保できる(定年時に解約返戻率400%前後見込める) まだ見ぬ奥さんや家族への準備として! サラリーマンとして収入がある程度安定していると短期投資はあまり考えなくて良くて、 それよりも今働けるうちに収入の一部を将来への投資に回していく方が後々苦労しなくて済むし・・・。 海外保険を知ってしまうと尚更、日本の終身保険を検討する選択肢はないなと思っていました。 ・必要保障額に対する考え方 ・投資年数と返戻率との兼ね合い この辺りの考えも担当の野村さん(海外投資アドバイザー)に親身になって色々アドバイスいただき、納得して再度認定IFAをご紹介いただきました。 契約内容 商品  :R社 海外終身保険 USD300/月×15年払い 保険料 : USD 300.57(約33,000円)× 15年払い 払込総額:USD 54,103(約595万円) 特徴  :月払いUSD300に対して初年度保険金額USD128,500(約1,414万円)でその後運用益に応じて保険金額も年々上昇していきます 20年・30年・40年後の受取総額と死亡保険金額 ※現行利回りの場合   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

シンガポール在住 金融機関勤務の日本人が2種類の海外積立投資を始めた事例

2019-07-19T22:35:39+09:002019年02年19日|Categories: 30代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 N・K様 30代男性 シンガポール在住 某金融機関勤務 今回は、シンガポールの金融機関に勤務している方のご相談事例のご紹介です。 日本非居住者なら海外の商品を契約することは問題ありませんが、将来日本に戻る可能性もあるため日本非居住者でも契約できるオフショア商品の契約を早急に希望されていました。なぜなら日本居住者が契約できるオフショア商品が年々減ってしまっていることをご存知だったためです。 ご相談メール 私は、現在シンガポール在住ですがシンガポールのIFA業者の紹介は可能でしょうか。 シンガポールではSGD建てで海外生命保険に加入をしました。 次は米ドル建ての積立を検討しています。具体的には毎月1~2万円程度の積立を2本考えています。 よろしくお願いします。 IFA紹介から契約まで 海外投資協会のホームページの問い合わせフォームからIFA紹介依頼をさせていただきました。 シンガポール在住のため、担当の野村さんとLINE電話で面談。 海外投資協会さんに関しては、事前にホームページで海外投資に関する内容や投資事例記事なども拝見していました。 野村さんとLINE電話した際に、親身になって色々話すことができました。 ある程度契約したい商品などは決まっておりましたが、不明点など質問するとすぐに返信があったりとクイックレスポンスで非常に好感が持てました。 私が日本に一時帰国するタイミングで野村さんと会って、認定IFAをご紹介いただき契約しました。   紹介IFAでの契約内容 保険会社:S社 USD300 15年(変額運用型) 保険会社:P社 USD200 25年(元本確保型)   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

1000万円の余剰資金の資産運用を海外生保で!薬剤師の方の事例

2019-07-19T22:35:42+09:002019年01年09日|Categories: 30代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 O・Y様 30代女性 宮崎県在住 薬剤師兼自営 現状の資産運用・投資状況: ・損保系生保会社の終身保険 ・一時払いUSD建て終身保険 今回は、1000万円の余剰資金の運用手段として海外の生命保険を契約された事例をご紹介します。   ご相談者のコメント 私が海外の生命保険に興味をもったきっかけは、いままでは縁故関係のある方から損保系生保数社の終身保険で資産形成などしておりましたが、ネットで海外の特に香港の生命保険を調べていましたら、増えかたが全然違うことに気づき、海外の生命保険に興味を持ちはじめました。 海外の生命保険を契約するにはIFA(保険代理店)を介する必要があることが分かり、またそのIFA選びが重要だと認識していましたが、どこに聞いたらいいか悩んでいたところ海外投資協会さんにたどり着きました。 現在、親の会社(薬局)での勤務と自営でいくつか事業を行っていまして、1000万円ぐらいの余裕資金があって何かいい投資方法はないかなと考えておりました。 最初は問い合わせフォームに希望連絡時間帯を入力すると担当の野村さんからお電話があり、19時頃にも関わらず30分ほどお電話を頂き相談させていただきました。 一括払いで日本の保険よりもいい商品がないか・・・とだけ伝えると 的確な商品アドバイスをいただき、とてもわかりやすい説明でした。 また、商品だけではなく周辺知識のことや雑談混じりで終始リラックスしてお電話できました。 その後、メールでいくつか質問すると、ちょうど野村さんが海外にいらっしゃったにも関わらず迅速にメールで返信いただいたりと、随分と不安が取れて来ました。 自分でも色々調べて質問しても、的を得た回答で結構疑ったかかる私でしたが野村さんなら安心できると感じました。 ただ、海外投資は初めてでしたのでまずは200万ぐらいからスタートして様子見て徐々に増やしていきたいと伝えた際に、その時もまたご相談くださいとおっしゃていただいたので、顧客寄りの方だなと感じました。 私は宮崎県在住でお会いするなら東京に行かないとと思っていたところ、野村さんが福岡出張があると聞き、熊本まで車で行き熊本から新幹線で福岡まで面談をしに行きました。 メールや電話でほぼ決まっておりましたが、 「福岡まで来ていただいきありがとうございます。今後の長い期間のフォローですので一度はお会いしないとなんだか嫌でして・・・。」と野村さんがおっしゃっていただき、 私も面前で色々お話ができて、その後認定IFAをお繋ぎいただき、郵送でお申込みしました。   紹介IFAでの契約内容   保険会社:F社 契約種類:オフショア一括投資 投資商品:USD20,000 現在はダブルインカム(薬剤師+自営)の収入がありますが、退職後や老後に備えるために最適な資産運用が可能です。     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

リタイアまでの15年間で確実にリターンを狙うオフショア投資(一括・積立)の事例

2019-07-19T22:35:44+09:002018年12年30日|Categories: 50代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 O・Y様 50代男性 福岡県在住  大手製薬会社社員 今回は、すでに当協会経由でオフショア投資を始めているK・Kさんのご紹介で、一括と積立投資の2本のオフショア投資を始められた事例をご紹介します。   ご相談者のコメント 私はこれまで自社株(約500万円)を購入していた程度で、投資というものはほとんどやっていませんでしたが、今年に入って投資用ワンルームマンションを購入したのをきっかけに、それを紹介してくれた会社の後輩が 「海外投資もOさんに合うと思うので、野村さんという海外投資アドバイザーがいまして、今度福岡来た際にご紹介しますから、是非話を聞いてください。」ということで、退社後に時間作って野村さんと会いました。 野村さんには、定年退職まであと10年から15年ぐらいで、年金プラスアルファの資産形成のため、500万円ほどのまとまった資金をご相談させていただきました。   野村:「10年から15年ぐらいの時間をかけられるのであれば、「一括投資」と「積立投資」を2本で分散投資するのもいいかと思います。 なぜなら10年〜15年の運用の場合、リスクを取るよりも、確実に年4%〜6%ぐらいで資産形成する方がベストだと思います。」   私の年齢も50歳ですからそこまでアクティブな運用はできないかなとも思っていましので、提案頂いた投資方針で投資することに決めました。 野村さんには、「一括投資」と「積立投資」それぞれニーズに合わせた香港のIFAをご紹介いただき、郵送でお申し込み手続きをしました。 今回、信頼できる後輩からの紹介でしたので、海外投資といっても最初からそれほど抵抗はありませんでした。 また、野村さんには私のニーズに応じた的確で丁寧な対応を頂いたので信用に値すると感じました。 退社後に2度ほどお会いしましたが、夜遅い時間にも関わらず野村さんは嫌な顔一つせずにご対応頂きありがとうございました。   紹介IFAでの契約内容 保険会社:F社 契約種類:オフショア一括投資 投資商品:USD10,000 保険会社:I社 契約種類:オフショア積立投資 投資商品:USD200/15年     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

カナダの学資保険の代わりに香港経由の一括投資での資金運用を選択された外資系企業の会社員の方の事例

2019-07-19T22:35:46+09:002018年12年28日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 F・A様 40代 川崎市在住 外資系企業社員 今回は、日本居住者が契約できなくなったカナダの有名学資保険の代わりに香港経由の一括投資で資金運用を選択された外資系企業の会社員の方の事例をご紹介いたします。 ご相談者のコメント 私は、国内投資用不動産3件(ワンルームマンション)、カナダの学資保険(子供2人分)、iDeCoで運用していました。 今回は3人目の子供が生まれたので、学資保険としてそれを検討していましたが日本居住者は新規加入ができなくなっていたことを知り、300万円の資金の運用をどうしようか考えていました。 そこで日本の一時払い終身やUSD建て終身も検討しましたが、運用しても全然増えないので、他の海外投資商品を探していたところ海外投資協会さんのHPで香港経由で運用できる商品があることを知り問い合わせをしました。 最初は5年満期ぐらいで転がしながら資金を運用して行こうかと考えておりました。 相談した際には、妻が臨月でしたので出産して落ち着いてから・・・と思っておりましたが、仕事が忙しくなり、そうこうしている間に子供も6ヶ月が過ぎ、年末になって「そろそろ考えないとな・・・」と思い、担当の野村さんに10ヶ月ぶりにメールで再度連絡しました。 300万円一括投資が子供が16歳になるときに学資金として使える条件を伝えたところ、すぐに香港IFA経由で年3.5%で5年間固定金利の一括投資の商品があることを教えて頂きました。的確なプランを提案いただけるのでこの人に任せようと思い契約することにしました。   紹介IFAでの契約内容 保険会社:F社 契約種類:オフショア保険(死亡保障+貯蓄) 投資商品:USD27,000 一括投資 内容:お子様が16歳になるときに返戻率200%前後でリスクが少なくリターンが期待できる     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

海外生命保険をフルコース(元本確保積立、終身保険など)で契約された事例 

2019-07-19T22:35:49+09:002018年12年19日|Categories: 30代, お客様事例, 主婦, 会社員|

お客様事例 M・H様 30代 福岡県在住 大手企業勤務 今回は、以前当協会経由で海外投資をスタートされたK・K様のご紹介で、海外生命保険を目的に応じて4本ご契約された事例をご紹介させて頂きます。 ご相談者のコメント 私の会社の後輩のK・Kくん(ご紹介者K・K様の事例紹介はこちら)が 「僕、今年の夏に香港行って○○っていう投資しまして、M・Hさんにもぜひ聞いて欲しくて・・・」と言われ、海外投資協会の野村さんをご紹介いただきました。 私の性格的に良いと思ったらチャレンジするタイプなのと、今第一子が生まれてちょうど育児休暇中ということもあり、比較的時間があったので野村さんが福岡出張のタイミングで面談をお願いしました。 現在は会社の自社株を1000万円(時価評価)ほど保有していますが、株は流動性はあるもののの株価で時価評価が前後するので(今年は乱高下が大きかったです)、資産を分散したいと思い、海外もいいかなと思いました。 私は次の4つの目的に応じて資産運用をしたいと考えていましたので、海外保険や投資商品でどのような提案が貰えるのか期待していました。 ①子供の高校大学入学用 ②住宅ローンの繰上げ返済用(15年後の満期で完済するため) ③老後生活資金確保用 ④まとまった資金の運用   提案内容 ①子供の高校大学入学用 140%の元本確保型プラン USD200×15年満期 ②住宅ローンの繰上げ返済用(15年後の満期で完済するため) 140%の元本確保型プラン USD1000×15年満期 ③老後生活資金確保用 海外終身保険 USD330×10年払い(死亡保障USD100,000) ④まとまった資金の運用 海外保険 USD30,000×128歳満期の一括払い     ご相談者のコメント ご提案いただいた4つのプランとも国内生保と比較し、とても魅力的で私のニーズに合っていると感じましたので4本ともすべて契約するため、香港のIFAをご紹介いただき郵送で契約させていただきました。日本に居ながら契約できるのもいいですね。 ①と②は15年後に必要な資金を確保するため、140%の元本確保型で安定した運用ができるため契約することにしました。日本の学資保険だとほとんど増えないので、海外生命保険の積立てで運用する方がメリットが高いと感じました。 ③はソニー生命のUSD建て終身保険・生前給付保険などと比較検討し、海外生命保険の100歳満了のプランと比較しました。 同額の保障でも海外の方が月額が安く(月2万円近く安い)、返戻率も全然いい(20年で返戻率が約2倍、その後も100歳まで増え続けていく)ので海外終身保険を選択しました。 ④は私がリタイアする年齢までの30年間で約5倍(複利効果)の返戻率が見込めるため、会社の自社株を一部売却して契約しました。 今回、信頼できる後輩の紹介ということもあったのと、野村さんのフットワークと的確なアドバイスでとても好感が持てましたし、今後も色々相談させていただきたいですね。     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

オフショア生命保険なら30年後に5倍の返戻金を受け取れる!? 30代 派遣社員の加入事例

2019-07-19T22:35:50+09:002018年11年23日|Categories: 30代, お客様事例, 主婦, 会社員|

お客様事例 N・S様 30代 神奈川県在住 派遣社員 今回は、産後休暇中の派遣社員の方の事例を、かんぽ生命の生命保険の見直し内容も含めご紹介させていただきます。   ご相談者様の相談内容 こんにちは。私は30歳の育休中の派遣社員です。 先日父が昔、住友生命で年利8%の年金保険に加入した結果、凄くお得に年金を受け取っていたと話を聞き、私も年金保険に興味を持ちました。 それこで父が契約していた保険会社の担当さんに連絡しましたが、今はそんな条件のよい商品はないし、今ある商品に加入してもほとんど増えないと言われやめました。 ネットで他によい商品がないか検索してみると、香港など海外の生命保険は昔の日本の様に凄く利回りがいい事を知り、私でも将来の為に今から何か加入できないかなと思い、海外投資協会さんに問合せしました。 ただ、預金も200万あるかどうかくらいなので、私では資金的に難しいのかなとも不安でしたが、色々教えていただければなと思いました。   投資・資産運用の目的 子供が0歳で学資保険も大事かなと考えましたが、手持ち資金が200万円ほどあり、定期預金しても増えないので効率的に増やしたいためです。 短期よりは長期運用で考えたく担当の野村さんに色々相談すると「ご自身の年金プラスアルファになり、かつ残った資金はお子様へ贈与することもできますよ!」 「もし、15年〜20年の間にお子様の学資保険で必要であれば、一部取り崩してそちらに回すこともできますし・・・」 と聞いて、試算書を拝見して今の私にはそれがいいと思って、ほぼ即決で決めました(笑)   海外投資協会の対応の感想 まだ子供が小さいので、できれば最寄り駅まで来て主人同伴で面談して欲しい旨お伝えすると、担当の野村さんより 「もちろん、いいですよ。お子さん小さいですし、ご主人様も土日お休みで近くで話し聞きたいでしょうし・・・」とお気遣いいただき面談しました。 何も聞かずに国内保険も見てもらえるかと思い、かんぽ生命の養老保険と終身保険(ながいきくんバランス型)の保険証券を出すと・・・ 「証券診断、いいですよ!見直しましょう。」といい、とても好印象でした。 ざっと見ていただき、 養老保険は20年で10数万円しか増えないのと、ながいきくんに至っては60歳以降も保障が減額されてくことにびっくり! 特約の医療保険が手厚いのはいいと思っていましたが 「今は入院1週間で出されるケースがほとんどで、長期入院に対応していても意味ないですよ。それよりは、『がん保険』など治療費がかかりそうな部分を手厚くする方がいいですよ。」 と海外保険以外でもアドバイスをいただき、とても好感が持てました。 加入した海外保険ですと30年で5倍ぐらいの返戻率が見込め、かつ死亡保障も運用益とともに増額していくことに最初は怪しいと思いましたが、香港渡航50回近い野村さんの説得力あるお話で不安が一気に取れました! その後、香港のIFAをご紹介いただき日本人スタッフもいて、長期的に安心できる会社だとわかり一緒に銀行まで送金の同行までしていただき、何から何までサポートしていただき本当に助かりました。     紹介IFA経由での投資内容 保険会社:F社 契約種類:オフショア終身保険(死亡保障+貯蓄) 投資商品: USD 13,000 一括払い 商品特徴:貯蓄型の生命保険で死亡時保障に加え、年6%前後を複利運用することができます。また子供に契約を引き継ぐこともできます。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

退職後の老後資金を「積立投資×一括投資」で運用 40代会社員の事例

2019-07-19T22:36:01+09:002018年10年12日|Categories: 40代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 A・T様 40代 千葉県在住 大手小売業のルート営業社員 現在はサラリーマンですが、老後生活資金の確保のため資産形成の必要性を考えていました。銀行の定期預金では利息が毎年のインフレ率を下回ってしまい実質的な資産価値は目減りしていまいます。かといってリスクの高い投資はしたくなかったので、海外も含め情報収集していました。 そんな中、ある海外投資のセミナーで2つのオフショア投資(マン島・ケイマン島籍)の紹介があり、ある程度は情報入手しましたが、まだ自身で理解出来ていないところもあり踏み込めずにいましたが、海外投資協会のプライベートセミナーを第3者の意見を参考にしたいと思い申込みました。 プライベートセミナーで知りたい情報 ・オフショア投資の基礎とメリット・デメリットの確認 ・日本の生命保険と比較 ・他のファンドプランについて オフショア投資へのニーズと契約内容 今回、海外投資がはじめてということもあり少額かつ中長期で考えておりました。 また、サラリーマンのため毎月の積立額は変動しない方がいいと考え、円建てでできるプランがいいとお伝えしたところ、USD建て・円建てそれぞれのメリット・デメリットについても丁寧に教えていただき、オフショア積立投資をする意思が固まりました。 早速、海外投資協会の認定IFAをご紹介いただき、日本にいながら契約することができました。 その後、香港籍の生命保険にも興味があり、渡航して契約しようと考えていたところ2018年6月から日本でも契約できることを知り、再度IFAをご紹介いただき、一括USD30,000でお申し込みし海外送金しました。 一括プランは早い段階で損益分岐点を迎えそうなのと、いずれ自分が死んだ時に妻がそのまま契約を引き継ぎできる点に魅力を感じました。 紹介IFA経由での投資内容 保険会社:R社 契約種類:変額積立投資 契約内容:月 51,000円 25年 25年間の長期積立投資で積立額1500万円を200%~300%のリターンを狙います。 保険会社:F社 契約種類:一括投資 契約内容:USD30,000 全期前納 年6%のリターンを見込むことができ、万が一の際には妻に契約を引き継ぐことがことができる。     IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。

将来を見据え元本確保型積立で10年後125%のリターン! 大阪市在住 大手電機メーカー勤務の方の事例

2019-07-19T22:36:02+09:002018年09年24日|Categories: 30代, お客様事例, 会社員|

お客様事例 M・T様 30代 大阪在住 大手電機メーカー勤務   私がオフショア投資に興味を持った理由は、昨年結婚しまして現状、まとまった余裕資金があるので、国内外の資産運用方法を色々ネットで調べていました。 オフショア投資について色々情報を読み漁っていましたが、どう考えてもオフショア投資の方が税制面・運用利回り面で国内の金融商品よりも優れており運用するならオフショア投資がよいと考えていました。 しかしオフショア投資について、一から相談できるところがなく、相談先を探していたところ、海外投資協会のプライベートセミナーを見つけ、私用で東京に行く予定があったため都内のオフィスで面談を受けることにしました。 面談前に自分でも以下の運用希望と方向性を詰めていました。 積立て型投資の場合:  5〜15万円/月×5〜10年 一括投資の場合:  100〜300万円×5〜10年 一旦10年以内に利益を出す計画にしたい。それ以上だと人生どうなっているかわからないので。 ゴールイメージは、投資金額合計1,000万円で200%を目指し、ワーストケースは90%としたいです。 こちらの要望に対し、担当いただいたアドバイザーの野村さんから中立な立場で、リスク面や手続き方法など、10個ほど質問しましたが、全て的確にお答えいただいたので、安心できると思い推奨IFAをご紹介いただきました。   紹介IFA経由での投資内容 保険会社:P社 保険種類:元本確保型積立プラン 保険内容:500ドル/月10年満期プラン 選択した理由:初めてのオフショア投資ということもあって運用リスクをとるよりは「元本確保型プラン」で確実に125%のリターンを確保した方がよいのと、運用10年以降、ライフプランの変化(子供の教育・家を買い替えなど)や転職などもの可能性もあるため10年くらいの運用期間が良いと感じました。   IFA紹介サービスのご紹介 世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。 当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。