学資保険(こども保険)と海外積立投資の比較

学資積立

子供ができるとまずわが子の将来を考え、
より良い教育機会を与えることが親の務めとお考えの方も多いと思います。

学歴社会のため、上場企業や大企業、名門企業など、いわゆる良い会社に就職する前提として、
大卒であることが入社試験を受ける最低条件となります。

その為の手段として、多くの方が利用されている「学資保険(こども保険)」ですが、
月々1~3万円を17年間積み立てたとしても金額的に足りないことが次の試算からも
お分かりいただけると思ます。

幼稚園から4年制大学まで
子供が1人なら
すべて公立で約1,000万円
すべて私立で約2,500万円

子供が2人なら
すべて公立で約2,000万円
すべて私立で約5,000万円

子供が3人なら
すべて公立で約3,000万円
すべて私立で約7,500万円

子供1人の教育資金は、幼稚園から4年制大学まですべて
公立か私立かで約2.5倍もの金額差があるといわれています。
また、子供が2人、3人いる家庭ではすべて私立を選択すると
世帯年収が1,000万円あっても難しいのではないでしょうか。

また、一番学費がかかる大学4年間の教育資金/生活資金ですが、
公立大学に進んだ場合

●公立大学×自宅通学 (県外の場合。県内は入学金から▲16.6万円)
初年度:約183万円
2~4年目:約111万円
4年間合計=約514万円

●公立大学×自宅外 (県外の場合。県内は入学金から▲16.6万円)
初年度:約283万円
2~4年目:約166万円
 4年間合計=約782万円

私立大学に進んだ場合

●私立文系×自宅通学
初年度:約201万円
2~4年目:約147万円
 4年間合計=約640万円

●私立文系×自宅外
初年度:約305万円
2~4年目:約206万円
 4年間合計=約922万円

●私立理系×自宅通学
初年度:約232万円
2~4年目:約179万円
 4年間合計=約767万円

●私立理系×自宅外
初年度:約336万円
2~4年目:約238万円
 4年間合計=約1051万円

●私立医歯系×自宅通学
初年度:約555万円
2~6年目:約425万円
6年間合計=約2680万円

●私立医薬系×自宅外
初年度:約659円
2~6年目:約484万円
 6年間合計=約3080万円

 

一般的には大学4年間の教育資金/生活資金を準備する手段として、
一般的には、ソニー生命やアフラックの学資保険などの学資保険を利用される方が多いのではないでしょうか。

当協会では、この多額の教育資金を用意する手段として、海外積立をご提案しています。

例えば、17年後の返戻率を比較してみると。。。

かんぽ生命  約99%
ソニー生命 約110%
海外積立  約200%

もし、海外積立を利用するなら、1人分の積立て額で2人分の教育資金を賄うことが可能となります。

海外の積立商品なら年利8%程度が見込める計算となります。
なぜ、それほどの金利が得られるのか、それは金融商品の運用環境にあります。

学資保険では、ほとんどの資金を日本国債で運用するので、それほど高いリターンを出せない仕組みになっていますが、
海外では、資金のほとんどをヘッジファンドや世界に多数ある優良ファンドに投資し、優秀なファンドマネージャーが運用を行っています。

その為、日本ではありえないリターンを生み出すことができるのです。

Pocket

2016-10-16T19:02:13+00:00

新着コラム