投資詐欺を見抜く3つのポイント

 海外投資リスク

未公開株投資、海外不動産投資、海外事業投資など、今も昔も国内外に限らず、巨額の投資詐欺が後を絶たないのが現実です。

これらのほとんどは、身内や親しい友人/知人からの紹介で話がやってきます。
マルチ商法も同じですね。

では、これらの投資詐欺に騙さるポイントが3つありますので、このポイントを最低限注意して、回避することが大事です。

騙された場合、集団訴訟や刑事訴訟を起こしても、会社はすでに支払い能力がなく、投資した分は戻ってこないと思った方が無難です。万が一、被害にあったら高い勉強代を払ったと割り切って、前を向いて歩いた方がよっぽど生産的です。


 

投資詐欺のよくある3つのポイント

1、リスクの話がない

  1. 必ず儲かる
  2. リスクはほとんどない
  3. みんなやっているから大丈夫

どんな投資にも必ずリスクがあります。
もっとも低リスクと言われるAAA格付けのカナダ国債でさえ、リーマンショックのような世界的な金融危機が起これば、何が起こるか分かりません。
リスクの説明が全くなく、儲かるだけの投資話は、いくら信用のおける人からの紹介でも一切信用してはなりません。

2、高配当/高利回り

年間配当30%以上!高い配当を詠い莫大なお金を集める投資詐欺が後を絶ちません。  世界的に成績優秀なヘッジファンドでも、年利30%以上の利回りがでることもあれば、マイナスを出すこともあります。投資は1回でも大きくマイナスを出せば、±0に持っていくまでに高いリターンが必要ですので、平均すると年利5%程度になる場合もほとんどです。
投資元がもし本当に30%の高配当が得られるのであれば、個人に高いリターンを払うのではなく、銀行から低金利で借り入れれば、莫大なリターンが得られます。
世界的に見て長期的に安定した利回りを狙うのであれば10%程度が現実的ではないでしょうか。

3、投資したお金が見えない

投資先の企業が格付機関からの信用が低いどころか、帝国データバンクでも照会ができない場合もあります。
投資詐欺で多いのは、このような会社にお金を預け、持ち逃げされるか、使い込まれて破産して終わるケースです。
投資先は、証券会社、保険会社など第三者機関に入金され、勝手に使い込まれないようなスキームである必要があります。また第三社機関と見せかけて、ケイマン諸島などのペーパーカンパニーの口座を使用するケースもありますが、経営実態がない会社という点で見抜けると思います。

 


 

投資詐欺を見抜く3つのポイント

1、リスクに対しての説明

目標リターンに対して、投資内容や市況の変化時に起こるリスクについて、きちんと説明できているかを見極めましょう。また投資するなら、リスクに対しても説明できるパートナー選びは重要です。

2、海外投資であれば目標リターンは年利10%前後

日本では銀行預金が1%程度と、金利10%は高リスクと思われがちですが、世界の金融商品は5%~10%がスタンダードなリターンです。
日本の場合は、『海外の証券会社→日本の証券会社→販売代理店』という商流のため中間マージンが高く、また金融庁の規制が強いことから販売コストが高くなっている構造上の問題があります。そのため、本来利回り10%の金融商品でも魅力がない商品となってしまうのです。

3、資産状況の専用WEB画面

顧客専用のWEB画面で、資産状況を24時間365日確認できる仕組みがあることがマストです。積立ファンドであれば、契約内容、入金状況、ポートフォリオ、運用利回りまで、随時確認するこができ、ファンドの組換え指示も自由に行うことができます。

 

以上、投資話が来た場合は、これら3つのポイントを抑えご自身でご判断下さい。
あらゆるパターンや商品、巧妙な手口を使われても投資の基本原則を押さえれば大抵は未然に防ぐことができると思います。

当協会では、香港金融庁のライセンスを取得した正規IFAの中から優良なIFAを厳選し、無料でご紹介していますので、もしご興味がありましたら、お問い合わせ下さい。

 

Pocket

2016-10-16T18:58:56+00:00