お客様事例 Vol.52

M・A様 30代男性 福岡県在住 製造業会社員

今回は、老後の資産形成のために国内と海外の貯蓄型の生命保険を比較し、海外の元本確保型と変額運用型の2プランを契約された事例をご紹介します。今回は上海在住をきっかけに海外の投資商品を見つけ、低リスクの元本確保型プランを始めた事例をご紹介します。

 

ご相談内容

現在国内の生保会社にて掛け捨ての生命保険に加入しておりますが資産運用も考え海外の積立式の生命保険に切り替えたいと考えております。

国内で契約可能なジブラルタ生命の製品について説明をお聞きしましたが、他社品も含めて総合的に検討したく、問い合わせさせていただきました。

具体的な投資額:月10万
投資年数:30年
条件がよければ一括でも可。

 

投資相談内容

担当の野村さんが福岡出張のタイミングで面談をお願いしました。
・国内保険と海外保険の違い
・日本の保険では資産が増えない理由など、とてもわかりやすくご説明いただきました。

10万円前後を積立投資に考えておりましたが、元本確保型プランと変額運用プランを組み合わせることでリスク分散・期間分散もでき、セットで加入することで手数料もいくらか安くなるなどメリットも教えていただきました。

また、一括投資も興味がありましたのでいくつかプランを教えていただきました。

R社を推奨するアドバイザーにも相談しましたが、I社の方が総合的にいいと感じ、認定IFAをご紹介いただき契約しました。

 

紹介IFAでの契約内容

I社 変額運用型プラン USD600×25年
I社 元本確保型プラン USD200×20年

 

 

担当アドバイザーのコメント

M・A様は現在33歳で会社員ということもあり、長い期間積立ができご本人もその意向でしたので、20年と25年でそれぞれ提案しました。
25年後でもまだ60歳手前ですからねw

当初は変額運用プランでUSD500/月で検討されていましたが、あとUSD100プラスすると毎月の積立ボーナスが3%→4%になることをアドバイスさせて頂きました。

 

IFA紹介サービスのご紹介

世界中に数百あるIFAから正規ライセンスを持ち実績のある優良なIFAを無料でご紹介しております。

当社は、IFAを紹介するサービスに特化しておりますが、金融商品の勧誘・販売・仲介等は行っておりません。予めご了承ください。