国内投資信託よりもオフショア積立投資を選んだご相談者事例

お客様事例

M・M様 20代 会社員 長野県

 

資産運用を始めようと思い投資信託やiDeco、生命保険、株式投資など、一通り検討しました。

投資はリスクを伴いますが、かといって貯蓄型の生命保険では20年積み立ててもほとんど増えません。

株式投資は素人にはリスクが高すぎますし、投資信託やiDecoはリターンが年3%程度しか見込めない。。

ネットで調べていくと、海外のオフショアファンドなら複利運用、運用中は非課税、世界のファインドに月々2万円程度から長期投資できると知り、海外投資セミナーに参加したりもしました。 

しかし、セミナーで「毎月4万円を25年間積み立てれば複利の効果で1億も夢じゃない!」と紹介され、そんな上手い話しがあるのか?と興味よりも不信感の方が大きくなってしまいました。

オフショア投資は国内の投資商品よりもメリットが高いのは分かっていましたが、リスクの説明が何もされないまま、良い部分だけ伝えるていることに疑問を持ちました。

オフショア投資なのですから、為替リスクや世界同時株安などのリスクは伴います。その上で、投資するか判断するのが個人の自由だと思っていました。

私はそのような仲介業者にしか出会えず、国内の投資信託の方が或る意味安全なのでは?と思いはじめていましたが、やはり「為替手数料など考慮しても複利効果が得られる海外投資の方が魅力的」だと感じ、さらに色々調べていると海外投資協会のHPを見つけました。

個別のプライベートセミナーを行っていたので、思い切って申し込んでみました。海外投資協会さんのメールや電話応が以前のような業者ではないと感じ、私の住んでいる長野まで出張個別面談をお願いしました。

海外積立投資については、メリットとデメリットを両方納得のいく説明を頂け、その上で香港の認定IFAをご紹介いただくことができました。今後、順調に運用できるようであれば追加投資も検討したいと思います。

また、担当の野村さんが元々と国内生保代理店出身ということもあり、いま加入している国内生保についても同時に見直し等アドバイス頂き、一石二鳥でした。国内外の生保や投資の知見があり、中立な立場でアドバイスしてもらえたので納得のいく説明をしていただきとても有意義な面談となりました。また、今後もライフスタイルが変わった時など相談したいと思います。

 

紹介IFA経由での積立投資内容

投資会社:I社

投資種類:積立投資

投資内容:200USD×25年間

 

>>IFA紹介サービスについて

 

Pocket

2018-09-18T00:10:33+00:00

新着コラム